FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

アクア5のシラユキ

寒色
たまに寒色にしてみました。

アクア5の第3弾シングル「シラユキ」をDVD付きで買って見聞しました。
なかなかいんでないかい。徳永英明さんの「最後の言い訳」があらためて良い曲だと気付きました。
アクア5、素敵です。頑張って!!


●ミニエッセー871「ヅカノート2008年末より9・年間総合大賞宙組」

※あとになっていた宙組分。敬称略。

<作品賞>パラダイス・プリンス
<特別作品賞>黎明の風

<大賞>大和悠河

<ベストアクター賞>蘭寿とむ
<アクター賞>北翔海莉

<ベストアクトレス賞>花影アリス
<アクトレス賞>美羽あさひ

<ベストシンガー賞>和音美桜
<シンガー賞>天羽珠紀

<ベストダンサー賞>陽月 華
<ダンサー賞>春風弥里

<ベストフレッシュ賞>蒼羽りく
<フレッシュ賞>月映樹茉

<ベスト助演賞>十輝いりす
<助演賞>寿つかさ

<ベストフォトジェニック賞>すみれ乃麗
<フォトジェニック賞>早霧せいな

<話題賞>鳳翔 大

<特別賞>順不同  珠洲春希 悠未ひろ 七帆ひかる 鮎瀬美都 蓮水ゆうや 純矢ちとせ
            凪七瑠海 愛花ちさき 華凛もゆる 麻音颯斗

<総括>共に佳作だった「黎明の風/パッション愛の旅」「パラダイスプリンス/ダンシングフォーユー」を観た今年。残念ながら前半トップ娘役の陽月さんの怪我による休演はあったが、その穴をフォローしたこと、大和さんの予想以上の努力ぶり、若手の台頭など、なかなか充実した年だったのでは。大和組が成長期にあるといった印象。
男役は、1~3番手の突出した華と実力に比べ、スター路線から半歩微妙なところにいる悠未さん、七帆さん、十輝さんの今後が気になるのはここ数年毎年恒例のこと。そして、早霧さん、春風さん、鳳翔さん、蓮水さんらの成長具合もである。その中で、鳳翔さんは個性の打ち出しが課題だろう。 
娘役では、期待の和音さんの退団が何より残念だ。今すぐ他の組のトップでもいいと思っていただけに・・・。花影さんがもう少しだけ、地に足が着けばよいが・・・。
来年、95周年一連行事が過ぎたら、宝塚全体図も変わるのだろうが、果たしてこの組もどうなるのか。ただ、言えるのは蘭寿さん、北翔さんの安定感が頼もしいことだ。  

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)