FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

限定かいっ

こくりつ
新国立美術館

えーーーーーーーー!!
楽しみにしていたマミさんFCグッズの紫のマフラーって・・・数限定かいっ。
希望者多かったら抽選って・・・たった250って・・・希望者多いに決まってるじゃん。
当たりますように・・・。


●ミニエッセー851「好きな月・季節の話」
昨日の曜日の話に続き、1年を通して好きな月や季節の話を・・・。
子供のころは、ダントツこの12月が最も好きだったし、冬が嫌いじゃなかった。極寒の北国の冬は寒いけれども、子供時代はソリやスキーや雪だるま・かまくら作りなど、雪遊びが好きだった。結婚したころまではスキーもやっていた。
それに、なんといっても自分と弟の誕生日があり、クリスマスとおおみそかもあり、ごちそうは食べられるわ、誕生日プレゼントやサンタクロースからのプレゼントはもらえるわ、冬休み(北海道の冬休みは長い)はあるわ・・・。
今でも、誕生日を祝っていただいたり、ボーナスが出たり、クリスマスやクリスマスディナーショーがあったり、春野寿美礼さんの誕生日と退団記念日があったり、決して嫌いではないのだが、とにかくあわただしく、忙しいし、凍りはじめの道路を通勤するのがつらいという負の要素があり、どうも「1番」には挙げられない様相を呈している。
1月から順に考えていくと、4月まではやはり寒いし雪・吹雪で早起きや通勤、雪かき、燃料費が大変だし、年度末・年度初めで忙しいし、5月の連休後は少し落ち着くが、まだ北海道は肌寒い。そう考えると、やっぱり、6月・7月が気候的にもいいか。
私は初夏・夏が好きなので、7月あたりが1番と言えるかもしれない。だが、都府県に行けば既に猛暑だ。それに、都府県はそのころから秋までは台風があるのが旅人にはつらい。
それから、引っ掛かるのは、自分のバイオリズムだ。バイオリズム占いやほかのいろいろな占いで、私の運勢があまり良くないとされているのが年間で6・7月なのである。一番良いと思う季節にそれはどういうことだろう。
まあ、毎年実際そんなに悪いと感じたことはないのだが、動き回ることが多いという点においては、事故や病気に気を付けろという戒めだととらえている。
暑い時期が過ぎて紅葉の季節も良いが、なんとなく1年の後半に入ってきているというのが、ちょっと寂しい。そして、あっという間にまた厳しい冬が来てしまう。
前に、春野さんが「芸名から、今までインタビューなどで好きな季節は春と答えていたが、実は私は夏が好き」とお茶会で告白して、かわいらしいぶっちゃけトークが会場の笑いを誘っていたことを思い出す。その時、ああ私と同じだったんだとうれしかったものだ。
寒がりであまり汗をかかない新陳代謝の悪い私は、夏は行動の季節だからいい。しかし、年齢とともに無理がきかなくなってきていることも感じるので、公私の場面で気を付けようと考えている。
なんてことを書くと、身内や友人には「んなこと言って、わっちさんは、季節おかまいなしで常に行動しまくっているじゃん」と突っ込まれそうだ。
―皆さんは、いつが好きだろう。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)