FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

マイぞろ目誕生日

くろうさ
黒うさちゃんもかわいい~

本日わっちさんのバースデーでして、恥ずかしながら44歳になりました。しぇーーー


●ミニエッセー844「ヅカノート2008年末より7・ネオダンディズムⅢを観て」
芝居ではこらえ役だった立樹さんが明らかな2番手さんとして、また琴さんが明らかな2番手娘役として扱われていたので、帳尻が合ったというか、工夫、配慮されているなと感じたショーだった。
時間が本公演より長いのではないかと思うくらい、おいしい場面のてんこ盛りで、ボリュームがあった。これは、1日2回公演がきついだろうというほど、全体にエネルギーを使うショーで、芝居と合わせて、メンバーはさぞかし大変だったろうと思う。
大劇場で観るのとはセットが違うから、華やかさは負けるが、その色合いをかなり近く出していて、良かったのではないだろうか。
初演『ダンディズム』のリメイク版であり、ネオとついてからも3作目なので、前からのファンには新鮮さはないのだろうが、私は初演のころはまだ花組ファンでなく、ネオとして星組に行ってから、全部を熱心に観たわけでもないので、まっさらな気持で観ることができた。もちろん、曲はどれもおなじみだが・・・。
と、考えてみると、安蘭さん主演の1本ものの洋物ショーを観るのが初めてであったことに、帰ってきてから気付いた。だから、なおさら新鮮に感じたのだろう。
お披露目公演はショーは日本物で、芝居後に短めのショーというパターンだったし、2作目は観ていないし、赤と黒は芝居だけ、スカピンは1本ものだったのだ。
安蘭さんは、若い頃に比べるとさすがにダンスのキレはないものの、とにかく歌が絶品で、春野さんにも見せたかった。きっと喜ぶだだろう。
客席降りもあって、客席はわいた。そして、最も盛り上がったのは『シトラスの風』以来、岡田敬二先生のおはこであるゴスペルの場面だ。学生服みたいな神父さんの制服的な黒にカラー裏地という衣装の、激しいダンスと合唱で一体感を呼ぶというもの。
だが、個人的に私はあの場面を盛り上がりに使うのはあまり好きではない。というのも、本来キリスト教一色でもなく、みんがみんな教会に行く習慣があるわけでもない日本人が宗教的な場面を重要場面として演じてどうなのだろうという思いがあるからだ。あくまで演出の一つとしてということだから、時には出てきてもいいと思うが、深い歴史と意味のあるゴスペルをあまりにも安易に使いすぎる気がしてならない。
しかも、いかにも客席との一体感表現、盛り上がりの場面に使うことに、違和感を覚えてしまう。
ゴスペル自体は素晴らしいし、実家でも職場の環境もキリスト教が身近ではあるけれど、ストーリーに関係する芝居での活用以外、宝塚のショーでセットとしての十字架や宗教音楽を多用するのはどうかなと思うのである。それと、テーマは「ダンディズム」なはずだし・・・。
大きな拍手は生徒の頑張り、高揚感への拍手であり、私もそれには賛同するが、国際化時代の現代、客席にもいろいろな立場や思いの人がいるだろうなとふと考えてしまった。
ともあれ、星組を追いかけた今年の星組観劇おさめとなった全国ツアー。思いがけず2回も観る機会ができ、大変幸せだった。
ありがとう、星組さん。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

わっちさん、こんばんはぁe-348

お誕生日おめでとうございます。
精力的に頑張ってらっしゃるみたいで、
何よりです。
夢に向かってがんばって下さいねe-461

C-BANG | URL | 2008/12/02 (Tue) 00:33 [編集]


C-BANGさま

ありがとうございます。
なんとかこんとか・・・。
あとがないだけに必死です。
たははは・・・

わっちさん | URL | 2008/12/02 (Tue) 02:03 [編集]


わっちさん、お誕生日おめでとうございますv-254

新たな道に向かって進み始めたわっちさんの未来に、きっとステキな出来事が待っていると思います。そんな出会いがたくさんある素晴らしい1年になりますようにe-415


星組全ツ、よかったですよね!
思いがけずしいちゃんに握手してもらって、私にとってもステキな思い出が出来ました~v-290
ゲンキンなもんですよね。へへっ。

じゅん | URL | 2008/12/02 (Tue) 23:20 [編集]


じゅんさま

ありがとうございます。
老体にむちうって頑張ってます。

いつかまたお会いしたいですね!!

わっちさん | URL | 2008/12/02 (Tue) 23:41 [編集]


お誕生日おめでとうござい・・・ました。ちょっと遅れました。夢へとますます歩みを進められます事を、お祈り申し上げております。

2日は、ほかの小劇場を見に行く用件があり、数ヶ月ぶりに宙組公演を観ることができました。東京は初めてで、全体に少しだけ小ぶりですね。
今回、前から3列目一番左ということで、皆さんの香りから息遣いからすべて分かる位置で、どぎまぎしました。研2できっとググンと伸びるであろう星吹彩翔クンが本当に近くに来る場面があって、やっぱり前に来る意味というのもあるなあと思いました。エイトシャルマンを観るにあたっては、普段すごく少年ぽい彼女がとっても女らしくてとても混乱しました。

コメントなのに長くてすみません。宙組の各賞発表も期待しています!

taiyo | URL | 2008/12/04 (Thu) 00:56 [編集]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2008/12/04 (Thu) 12:40 [編集]


taiyoさま

ありがとうございます。

宙組楽しみです。
その前にいろいろありますが、
ひとつひとつ、クリア&楽しんで
頑張ります。
前方席中毒にご用心。
もう10列以降で観れなくなりますよ・・・笑。

わっちさん | URL | 2008/12/04 (Thu) 15:39 [編集]


ジニーさま

ありがとうございます。

不器用なので、ほんとに「必死」ですが
1歩ずつ頑張ります。
応援していただいてとても幸せです。

体に気を付けてくださいね。

わっちさん | URL | 2008/12/04 (Thu) 15:41 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)