FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

スカピンCDパーフェクト

こわれとる
昨日の続き。エアコンのタッチパネル・・・こわれとった。なんとか使えましたが・・・。

スカピンは、ピアノサウンド・主題歌・実況とパーフェクトにCDを買いました。
春野さん退団後にこれほど気に入る作品が出ようとは・・・。次はDVDですなぁ。


●ミニエッセー774「ヅカノート2008夏より14・9月第2弾旅日記④」

アンコールも最高に盛り上がった。本当に、アーチスト活動を始めてくれて、こんなに幸せな気持ちにさせてくれて、うれしくてたまらない。泣く予定はなかったが、いっぱい涙が出た。

今回最初で最後の出待ち。ひょっとしたら雨が降るかもと思い、かっぱまで用意していたが、さすがに晴れ、結構長く待つことになったが、Nつんとともに、無事に塩田先生やおさちゃんを見送ることができた。
この場所はあさきゆめみし以来、しばらくこうしておさちゃんを待つこともないだろうと思っていた場所だ。また、新たな思い出の日が来るとは・・・。

部屋に戻り、まずはルームサービスで夜食を取った。そして、PCをやってバスタイム。荷物整理をして、寝たのは3時だった。おさちゃんも泊まってるんだろうな・・・現実に戻りたくないと・・・。
私の夏が終わった日だった。

<9月17日>
2時間しか寝ずに起き、具合が悪い中出発。閑散とした梅田って、寂しい。
ホテルの正面玄関しか開いておらず、5分予定が狂ったため、結構ぎりぎりでなんばに着き、ラピートに乗り込んで、少し寝た。

機内では通路はさんで隣がうるさいガキを2人も連れた家族。斜め後ろは早朝からしゃべりまくる関西人グループ。悲惨だった。
音楽設備なしの小さめな飛行機だったため、耳栓をして、毛布を頭からかぶってひたすら寝た。隣に座った若い女性も同じように毛布をかぶり、爆睡。二人して、超あやしい客で、着くまで寝ていたので、飲み物が当たらなかった。起きたら二人して持参のペットボトルを同時に飲んだ。苦笑。

札幌行きのJRが走れば間に合う便があり、また走る。「転ばないで」という友人や仲間たちの天の声を聞きながら。札幌に着くまで、頭でぐるぐる流れるおさちゃんの歌声を反芻していた。あの歌声は、神に近い気がする。

取材会場に行く前に札幌駅で、地下街友の会・パセオカードのポイントを照会したら、なんと期限切れる寸前4,000円分もポイントがたまっていて、商品券に換え、ボディショップ製品まとめ買いに利用。何せもう日比谷で買えないからなぁ。
それからよく行くカフェでランチし、取材会場へ。その日札幌は秋とは思えないほど暑く、会場は冷房が入っていて、寒くて死にそうになった。ひざかけ代わりに持ち歩いていたストールをマフラーにして、がたがた震えながらの取材。しかも、正直、まだおさコンの余韻で胸がいっぱいで、これで記事を書けるのかかなり不安だ。

帰宅し、食事してから主人が帰ってきたのにも全く気付かずに寝ていて、起きたらもう午後11時近かった。あわてて主人へお土産を渡し、留守中のお礼を申し述べた。

ああ、夢ように幸せだったな・・・。宝塚、マミさん、おさちゃん、そして家族や仲間、友人たち・・・本当にありがとう!!
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

今はお金がないのですが、10月にバイト代が入ったらスカピンCD買いたいです。
いつでもどこでも聴きまくりたいです~。



>機内では通路はさんで隣がうるさいガキを2人も連れた家族

日本では公共交通機関で子どもが乗ると、マナーが悪いケースが多くてうんざりしますが、ロシアで飛行機に乗ったとき子どもがたくさんいたのに騒がず、マナーも良く、泣いている赤ちゃんを母親が上手にあやすし、とにかく日本では考えられないくらいマナーがいいんです。
その後、特急に乗っても子どもが行儀がいい。

ロシアでは道にゴミがたくさん落ちていて、タバコを平気で捨てるし、良くないところもあるけど、子どものマナーの良さは今後ロシア語の勉強をさらに深めて調べてみたいです。

今度、ロシアに行けたらユーゴ・ザーパド劇場などに行ってみたいです。とにかく人間味あふれた演技をするらしい。
フジイ先生やサイトー先生にロシアに演劇留学してもらいたいなどどよく考えます。

sachiyo | URL | 2008/09/23 (Tue) 17:30 [編集]


sachiyoさま

ありがとうございます。

スカピン最高ですよね。

マナー・・・本当に参りますね。
ロシア、すごいですね。
日本もそうなってほしいです。

わっちさん | URL | 2008/09/23 (Tue) 22:51 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)