FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

ブログ写真が雑誌に

ひこき
7月に乗った飛行機、なんか派手でした。

わっちが仕事で制作している雑誌のほかの方が担当しているページで、ある写真が必要になり、「わっちさん、撮ってない・・・?」
なんと、偶然に以前ブログで公開した写真なのですが、それがどうしても必要ということで、お貸しすることに。なんだよ~そういうことなら、もっと真剣にいい写真を撮るんだったなぁ・・・。
これからは、どんな写真でもプロらしく撮ることにしようっと。


●ミニエッセー769「ヅカノート2008夏より13・グレート・ギャツビーを観て①」
ネタばれに注意いただきたい。
念願だったギャツビー。宝塚ファンになりたてのころテレビで観た『華麗なるギャツビー』がとても素敵だった。ストーリーも風情があり、当時「芝居の雪組」といわれていた雪組の布陣が良かった。
主演の杜けあきさんは、「大人」という感じで、ダンディズムをよく表現していたし、退団公演として集中していた鮎ゆうきさんの類まれな美しさと初々しさにうっとりした。別格的な演技が印象的だった海峡ひろきさんと美月亜優さん、スターらしさを放っていた一路真輝さん、高嶺ふぶきさん、轟悠さん、香寿たつきさん、新鮮だった若かりし純名里沙さんと和央ようかさんら、今振り返ると本当に豪華だった。
もしできれば春野寿美礼さんで観たいと思っていたが、かなわなかった夢は瀬奈じゅんさんという今や宝塚歌劇をしょって立つスターが引き継いでくれた。
いざ観劇して、自分に思いがけないことが起きた。涙が止まらないのだ。切ないストーリー自体にということもあったが、瀬奈さんの居方にだ。
風格と余裕と男役の落ち着きと色気。丁寧な身のこなし、着こなし、表情のひとつひとつ、格好よすぎて、完璧で、なぜか泣けてしかたなかった。
杜さんのギャッツを超えるというわけにはいかないだろうと思っていたが、これは瀬奈ギャツビーであり、またほかの作品として確立させたと思う。
ただ、勉強したのだろう、発声など杜さんに似ていると感じるところもあった。しかし、それは決して真似ということではない。宝塚の伝統を立派に受け継いでいた。杜さんだけではなく、私はその哀愁が漂う瀬奈さんの背中に、真琴つばささんや春野さんの幻を見た。姿ではなく、心といっては軽いかもしれない、スピリットがはっきりと見えた。瀬奈さんは、しっかりと「宝塚」を体現していた。そのことがうれしく、ありがたく、涙が次々とこぼれた。瀬奈さん、本当にありがとう。
デイジーを演じた城咲さんは最初に述べておくが、私は好きなタイプの娘役さんではない。しかし、その実力は認めている。デイジーとして、愛する人を追いかけていけなかったつらさには、ぐっときてしまった。比べてはいけないが、イメージとして鮎さんがこびりついているため、何か足りないと思う面もあったが、よくやっていた。
トップコンビということではないから、その点は甘く観なくてはいけないのだろうが、瀬奈さんとのバランス、からみ、調和は100点という風にはとらえられなかった。厳しく表現すれば、2人の「愛」の色が薄かった。けれども、タイトルロールどおり、ギャツビーが孤高で格好よければ、成功する作品だと思うので、その点では十分に思えた。
私は、同じ年でもある一路さんの人柄も芸風も大好きだった。ご本人は2番手時代の作品にはあまり思い入れがないというニュアンスのことをあとでテレビで答えていたが、一路さんのニックは好きだった。真面目で2枚目で温かくて。
しかし、今回、思わず一路さんに心で謝ってしまった。遼河はるひさんのニックが、一路さんよりも適役だと思ったからである。少し軽い感じに見えて、実は人の心の機微をよく分かっているできた人物―遼河さんのおっとりしたカラーが生きたのではないだろうか。
(続く)



スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

わっちさん、こんばんわぁe-230

あさこファンの私としては、
大変ありがたい言葉をたくさん頂けて、
涙がでます。
本当にありがとうございました。
続きも楽しみに待たせて頂きます。

C-BANG | URL | 2008/09/18 (Thu) 00:50 [編集]


C-BANGさま

こんばんは。
言葉にすると、なんだかそれでは
十分じゃない気がしますが、
麻子さんが背負ってくれているもの
すべてに対して、感謝でいっぱいです。
でもそれが、重荷ではなく、瀬奈さんが
持ちたくて持っている素敵な荷物だと
いいなと願っています。
次作も絶対観に行きますね。

わっちさん | URL | 2008/09/18 (Thu) 01:19 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)