FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

お手紙をもらうスターの気持ち

おされすぷ
昨日の続きで、コース料理のおしゃれなスープ。

皆さんは何か壁にぶち当たった時やつらい時、読み返す誰かからの「手紙」ってありますか。
私が、壁にぶち当たると言ったら、だいたいが仕事でのことなのですが・・・一つあるんです。
一緒に仕事をした若い女性からなのですが、この春彼女が職場を辞める時にいただいたカードに
「ご指導いただきありがとうございました。
この職場に足跡を残せたことがうれしいです。
雑誌を通して、わっちさんと仕事ができたことは私にとって宝物です・・・」
などと書かれてあり、引き出しを開けたらいつも見えるようにしており、
落ち込むたびにそれを見て、自分の励ましにしています。
1人でも、そう思ってくれた人がいるということは、仕事をやっている甲斐があったなと。

よく、宝塚の生徒が「つらい時初めてもらった手紙を読み返します」などと話していますが、その気持ちが少し分かるようになりました。


●ミニエッセー704「ヅカノート2008夏より・5“7月旅日記”①」

<7月11日金曜日>
前日、夜にうたた寝したせいか、興奮のせいか全然眠れず、当然行きの飛行機の中では爆睡。
今日は私の顔と名前を知っているらしいCAさんが何も見ないで「わっちさま、いつもありがとうございます」と、・・・苦笑。
機内が寒くて、毛布かけてても鼻くずぐず・・・2時間のうちに少し風邪ぎみになった。

関空の南海駅窓口の少しメタボぎみの兄ちゃんに告ぐ。
ラピートまで時間があったので最も早くなんばに着く方法を尋ねたのに、君は急行だけしか教えなかったな。途中で特急に乗り換えれば早いことを言わなかったけれど、わっちはちゃんと自分で判断して乗り換えたぞ。

ぶーーーーーーーーーーーーーーだ。

そのおかげで、観劇前の予定を全部こなすことができた。

最前列は良かったけれど、平日の懸念その2が発生。
その1はそばに子供がいるのではということ。それはクリアだったが、田舎から出てきたような老夫婦が、時々小声でしゃべりやがる。
まあまあ許せる範囲で、2幕は途中から寝ているようで、良かったが・・・。
だが、ほかのばばあがしょっちゅう飴をがさがさと取り出してうるさかった。
しかし、かぶりつきは幸せだったなあ~
最後は夢咲ねねちゃんらににっこりされて、照れるじゃないのー。
芝居中は夢咲さんがどうも「松居和代さん」に見えてしかたがなかったけど・・・。

星組さんは拍手や手拍子ポイントを徹底してないなあ。
これ、花組だと平日であってもFCで徹底しているから、なんだか拍手や手拍子が少ないという印象にはならないのだが・・・。

スカピンいいねー。思わずピアノサウンドCDを買ってしまったねー

(作品については後日)

宝塚阪急で退団した鈴鹿照さんや宙組の生徒さんにばったり。いいなあ、村って・・・。

久々の宝塚ワシントン。
温泉に入ったら気持ち良くなっちゃって、ごはん食べて、買った本を見ていたら、予定のことをしないまま寝てしまった~
友人たちに速報メールもしていない。
ヅカノートも書いてない。
数日あとの分ではあるが、ブログの下書きもしていない。
せっかく用意したDVDも見ていない。
荷物整理もしてない・・・で、起きたら午前3時すぎ・・・

しぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

しかも、部屋を冷房にしすぎていて、なんだか鼻風邪悪化。
あわてて薬を飲み、あわててPCを開き、あわててDVDを見た(見たんかい)。
ヅカノートはちょっとだけ書いて、続きは2回目の観劇の合間、旅の途中にすることに。

(続く)

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/07/15 (Tue) 22:19 [編集]


コメントいただいた方へ

こんにちは。
たいへんうれしいコメントありがとうございました。
あの者は元気ですよ~。
そのうちまた近況などをお知らせいたしますね。
またいらしてください。

わっちさん | URL | 2008/07/16 (Wed) 00:39 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)