FC2ブログ
お茶会のお知らせ?
ななちでしたよ
なんか、上から見たらまるっこいななちーさん。

職場でみんなでお金を出し合ってコーヒーや紅茶を飲んでいるのですが、その代金を徴収・管理しているわっちさん。
先日、徴収のお知らせメールを送信しようとして、直前に間違い↓に気付いて苦笑。

「皆さま
お茶会のお知らせです。
来週6月25日(水)に・・・」

えーーーーーーーーーーお茶代だろがー。

常に頭がタカラヅカなり・・・


●ミニエッセー692「わっちさんの全国おすすめショップ3」

■チーズプリーズ北海道(さっぽろ地下街HPより)
最近では、最もおすすめの店。さっぽろ地下街ポールタウンの「すすきの」寄りにある北海道の酪農家やチーズ工房が自家で作るチーズ専門店で、少量の切り売りもしており、家族が少ない人、少しずついろいろと楽しみたい人、お土産にしたい人、チーズは食べず嫌いだが、ちょっと試したいという人には最適。一部は試食も可能で、女性スタッフがとても親切。
各種タイプ100種類以上あるので、絶対好みが見つかる。何度も通って、いろいろと挑戦したくなること請け合い。大手メーカーの市販のチーズはチーズと思えなくなるほど、フレッシュさが違う。
牛乳や飲むヨーグルトも置いている。
楽天での通販も利用できるが、かわいらしい店舗に行き、北海道・日本の大切な産業である酪農を応援いただきたい。

■アイスクリームBar「HOKKAIDOミルク村」(ナビ系HPより)
札幌のすすきの交差点近くのビルに隠れ家的にあるオリジナルアイスクリーム(ソフトクリーム)店。ただし、ただのアイスクリーム屋ではなく、少量のお酒をかけ、ヨーグルト、クッキーなどの添え物アイテムとともに楽しむバーである。
わっちはまったくお酒が飲めないのだが、ここでアイスにかけるのはOKで、ちょっと酔うが、最高においしい。
お子さんも入店でき、お酒をかけなければOK。もちろん、アイスだけでもめちゃくちゃおいしい。
夜は2次会の時間帯は混むので、早めに行くことをおすすめする。
オーナーは元・中華料理人&バテシエ。店内は暗く、バーの雰囲気なのだが、食器やクッキーのキャラなどが幼児向けっぽいというギャップがなんともいえない。

■コーチャンフォー(HP)
とにかく広さも品揃えも北海道らしくでかく、1日いても飽きないCD・DVD、書籍、文具(各分野の専門的な道具もたくさんある)、カフェ(私が行く札幌羊が丘店はミスタードーナツ)の複合店。
なんだかんだと2か月に1回くらいは行ってしまう。
私の「見て歩き」パターンは、まずはミスドで腹ごしらえしてから、2階のCD・DVDコーナーに行き、宝塚コーナーなどを物色。その後、文具コーナーでかごを持ち、端から端まで、気に入った文具やディズニーグッズや雑貨(おしゃれなアロマ用品などもある)をかごに入れつつ、いわゆる大人買い。
時間に余裕があれば、書籍コーナーもくまなく回りたいが、疲れてしまうので、書籍はポイントを絞り、旅・演劇・デザイン・雑誌と見ていく。

■ゆにガーデン(HP)
今までも当ブログで紹介してきたが、庭園だけではなく、館内のフレグランスショップ、レストラン「チャイブ」、ファーマーズマーケット、花の購入、ハーブ教室など、入場料のほかにお金がかかってしまうが、特に女性はかなり楽しめる。
大人が遊びに行く所が少ない空知管内では、ベストスポットである。

(続く)

スポンサーサイト
【2008/07/03 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<送料節約 | ホーム | アランとディアンヌ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wacchizuka.blog53.fc2.com/tb.php/697-2efbaaae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する