FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

別ビュー観ました

D2
キリンビバレッジのイベント会場前にて。

「アデュー/ラブシン」のDVDで、別アングルバージョンを観ました。
やっぱりおさちゃん、調子悪そうだ・・・。
でも、「かっこよすぎるぜっ」(そればっかり)。
それから、DVDブックレットや説明カードの写真が素敵だったので、スキャンして久しぶりにオリジナルポストカードやシールをつくっちまったぜ。

いやーーーーーーーー、「レベッカ」、めっちゃ面白かったです。
詳細は後日書きますが、特にシルビアグラブさんの怪演、最高でした。

<お知らせ>
何かと忙しい様子の「わんこのきもち社長日記」の記事久しぶりに更新しています→こちら


●ミニエッセー654「香寿たつきさんのルドルフお茶会に参加して」
道産子唯一のトップスター経験者であるたーたんこと香寿たつきさん。宝塚時代は舞台では実力派の渋く大人の色気のある男役としてファンを魅了し、その素顔はとてもかわいらしい女の子というギャップも面白かったし、とにかく聡明であることに、一つ年下のたーたんに尊敬の念を抱いていた。退団して舞台を中心に大活躍する今もその思いは変わらない。この3月には素晴らしいライブでの歌で心を揺り動かされた。
実は、私は今までディナーショーを含めてタカラジェンヌとして、またアーチストとしての彼女に触れてきたが、より素顔がのぞけるお茶会に出席するのは初めてだった。退団後からずっとFCに入っていても、なかなかチャンスがなかったのだが、今回はちょうど帝劇「ルドルフ」の観劇とともに日程が合った。
そして、偶然にもこのための上京が春野さんとの再会の旅にもなったことは、たーたんがくれたプレゼントであり、運命だったと感謝している。
さて、5月23日、舞台が終った夜に東京會舘で行われた1時間半のお茶会の内容は、たーたん登場、あいさつ・現公演や仕事を中心にしたトーク・プレゼント抽選会・プライベートなことを中心にしたトーク・歌(ルドルフからご自分のソロ曲)・握手会・あいさつ、今後の予定・たーたん退場という、現役タカラジェンヌのお茶会の簡素化版という雰囲気だった。300人近い参加者だったように見えた。男性は2、3人で、あとは女性であった。
席は当日、並べられたテーブルナンバーが書かれたたーたんオリジナルポストカードを選んでめくるのだが、私は下手ながら縦長会場の真ん中くらいので、とても見やすかった。お土産はたーたんオリジナルのタオルハンカチであった。
たーたんは背中が少し開いていてドレープが入りウエストで絞った茶色いワンピースにロングヘアーで「ルドルフ」のフィナーレナンバーのBGMで登場。本当に「女優さん」そのもので、笑顔がかわいらしく、スマートで肌がとてもきれいだった。相変わらず、美しい高音でちょっとハスキーな素敵な声で、とてもていねいに、そして正直にいろいろな話をしてくれて、楽しかった。特に私は出演中の舞台「ルドルフ」を観た直後だったので、話についていけて良かったと感じた。
たーたんは最後に「ちょっとしんみりした話になりますが・・・」と、今年はじめに立て続けに身内やお知り合いを亡くされ、いずれも自分に無償の愛を捧げてくれた人で、寂しいというのとともに、自分も何か見返りを求めるのではない愛を持って恩返しを本当にできているのかということを考え、まだまだ自分は未熟だと思うので、これからもいろいろと勉強しながら成長していきたいと語った。下級生のころは、周りに愛を与えてもらうことに対して、当然とは思っていないながら、自分から皆さんに何かをするという考えには至らなかったが、この年齢になってやっと気付けたので、成長したかなと思う―ファンにはそんな自分を楽しんで、見守っていってもらいたいというのだ。
恩返しというのは、亡くなったその人たち自身へということだけでなくて、ほかの形でほかの人へもという奉仕の精神に近いような大きなくくりでのことで、ただ一生懸命舞台を勤めて楽しんでもらうだけではなく、1人の人間として社会貢献をしたいという意を含んでいて、つくづく真面目な人だと感心するとともに、私はたーたんのそういう偉ぶらないところが好きだとあらためて気付いた。
12歳という高齢になった愛犬のルディについては、白内障もあり、残された命はそう長くないかもしれないが、最後まで愛情を注いでいきたいと話し、相変わらずわんちゃん好きな面、それからお酒が好きだが、酔いやすく、数杯でひどい失敗もしでかすお茶目さ、あまり料理が得意でないということ、アフリカへ旅行する予定であることなど、素顔や人となりも垣間見ることができた。
うれしいことに思いがけず、1人ひとりとの握手会があり、疲れているにもかかわらず、終始にこにこと、みんなが掛ける一言ひとことにちゃんと返事をしてくれた。びっくりしたのは、とてもとても強く握り返してくれたことである。本当に嬉しかった。ファンとして、そして道産子として、ますますたーたんを誇りに思った。
たーたんの今後の舞台スケジュールは来年にかけてびっしりである。どうか体に気を付けて、なおいっそう素敵な女優、女性になっていただきたい。これからも応援したい。



スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは
今日、ルドルフ(ト-クショ-も)を観てきたものです。香寿さんが、あまりにもうまくて、魅力的だったので、検索していたらこちらにたどりつきました。お茶会300人も集まるなんてすごいですね。
わたしはこの前のモ-ツアルト!でも香寿さんにとっても魅了されました。
愛犬の話、身内をなくされた話など、知らなかったので、いろいろなことを経験されて、いまのタ-タンさんがあるんだ、と思ったらじんときました。これからも応援しています。

ゆうみ | URL | 2008/05/26 (Mon) 01:53 [編集]


ゆうみさま

ありがとうございます。
たーたんは普段は、舞台とはイメージの
違うかわいらしい、女らしい
(私より100倍は・・・えへへ)素敵な女性なんですよ。
道産子としては、本当に自慢です。
ライブでは癒されて自然に涙があふれました。
これからもたーたんを一緒に応援しましょう。
また当ブログをのぞいてくださいね。
なお、ライブについては、今年3月29日と
4月10日のミニエッセーで報告しています。

わっちさん | URL | 2008/05/26 (Mon) 01:59 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)