FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

水さんロックオン

さゆり
テイクフライトの舞台の時、吉永小百合さんから来ていたアマミさんへのお花。

宙組のトップ娘役・陽月華さんが骨折による休演とのことで、ご本人はもちろん、宙組さんやファンの皆さんは残念でしょうね。
ダンサーさんなので、じっくり治してほしいですが、でも早く復帰していただきたいですね。
宙組さん、がんばれ!!

さて、またCSネタですが、水さんの「スターロックオン」を観ていたら、久世星佳さんの証言で懐かしい月組の映像が流れ、マミさんも出てうれしかったです。
私は久世さんがトップの時、麻路さんに夢中でちょっと月組から離れていたのですが、水さんが久世さんを見て芝居を勉強していたと聞いて、妙に納得。
水さんの生真面目さ、私は好きです。

本日は職場の新年会にいやいや出ます。忘年会欠席でしたのでね・・・
そんなことをやっている場合ではないのですが・・・


●ミニエッセー538「牛乳を悪者扱いした著書への公開質問状その後1」
今回は、私の仕事に関わる話で恐縮だが、昨年の夏、このコーナーで書いた(「カルシウム」)今回のタイトルのことについて、昨年末、本人から来た回答書およびそれに対する牛乳乳製品健康科学会議の見解とその説明資料がJ-MILKのHP内「記者発表配布資料」(J-MILKのHPより)で公開されているので、興味のある方はぜひ、最初から最後までよく読んでいただきたい。
かの著者は、回答期限を守らなかった。私の勝手な推測だが、秋まで回答を延ばし延ばしにしている間、必死にあちらこちら、何かほかに参考になるいいものはないかと練ったような感がある。もし、著者がゆるぎない証拠を持ってベストセラーになった本を書いたならば、どんな質問をされようとすぐ答えられるはずである。
ほかの論文のほんの一部だけを引用したりして、どうにか自分の主張を正当化しようとあがいたような印象を持つ。
資料を全部読んで、どう感じるか―著者が正しいと思うか、それとも牛乳乳製品健康科学会議の見解が正しいと思うかはまったく自由だ。私の場合は多くの乳の科学者、専門家から牛乳についての説明を受け、後者と思っている。
問題になっている著書を何度も読み、この資料を受取った「食品を扱っている大学から発行する雑誌記者」としての私個人の見解は、特定の食品・産業いじめと受け取れる著者の諸活動は結局、完全な「フードファディズム」ではないかと考えている。ご本人にその意志はないかもしれないが、ここまで牛乳・乳製品やその生産・加工を行う酪農業や関係機関を否定・侮辱するのなら、そう言ってもいいだろう。
フードファディズムとは、特定の食品を誹謗・中傷して風評を創り出し、ほかの製品を買うように仕向けたり、逆に過度に健康に良いなどの利点を宣伝して購買させる、健康志向の人心につけこんだ市場操作、情報操作である。
後者の例は、データのインチキが発覚したテレビ番組「あるある大辞典」の中で特定の食品を推し、視聴者が踊らされたようなことである。
なぜフードファディズムをするのかというと、平たく言えばそうすることで誰かが得をする、儲かるからである。「あるある」の場合は、意図を持った市場操作というよりネタに困り、嘘に嘘を重ねたものだが、結果的には視聴率を稼ぎ、スポンサー収入を得ていたのだから、同じだ。
今回の著者の場合、結果的にインパクトのあるタイトル・目新しい切り口だとして本が売れて利益を得たことはもとより、よく本を読んでみると、あるものをキーワードにし、体にいいですよ、必要ですよというサブミりナル効果を徐々に与え、とあるサプリメントに行き着くような仕組みになっており、ある企業が利益をつかむだろうということが想像できる。
インターネットのあるサイトでは、その著者が、その企業と密接な関係があることを突き止めている。そのことは、牛乳乳製品健康科学会議でも把握しているだろうが、あえて打ち出してはいない。あくまでも、個人批判ではなく、牛乳バッシングだけについて誤解を解きたいと対応しているからだ。(続く)


スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

金曜日お待ちしています。
明日の午前中神社に行って来ます。

SAKICO | URL | 2008/01/31 (Thu) 00:20 [編集]


よろしくお願いします!!

コジさんも祈ってね。

わっちさん | URL | 2008/01/31 (Thu) 00:41 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)