FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

映画「オーシャンズ12」観ました


写真と記事一致です。
映画の「オーシャンズ11」は観ていません。
しかし、宝塚の3組分を観て十分雰囲気が分かったので、いきなり続編の12をレンタルで観ました。
11人にダニーの妻・テスが加わっての12人なんですね。
このブルーレイ、無料で借りたので文句は言いませんでしたが、劣化していてところどころ観れませんでした。
けれど、顛末は分かりました。まあ気楽に観れる娯楽作品です。
映画というより、画の連続というような撮り方でテンポが悪いというか独特。
宝塚でそれぞれのキャラクターを理解していたので良かったけれど、いきなりこれだけを観るのはあかんですな。
この時既にメンバーが皆結構な歳です。
どうしても宝塚では主要メンバーが若いのでちょっと違和感でした。
ジョージクルーニーは相変わらずセクシーおやじですね。
12ではラスティ役のブラピと彼女の復活愛が軸でした。
次は13を観ることにします。 

<サロンのブログを更新しました>
「また素敵なパーツ限定入荷」→ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー4992「5000回記念39・望海さんリクエスト名場面 を観て」
ネタばれに注意いただきたい。
この番組が出るともう別れが近いので寂しい限りである。
ましてや新型コロナ・・・の影響でこの先公演がどうなるか不明な今、退団に向けて胸中穏やかじゃないだろう。
この番組でのだいもん、とても疲れて見えた。
特に目が・・・かわいそうに。
下級生時代は花組だっただけに思い出が多い。雪になってからも「星逢・・・」や生で全ツを観たし、スカステでは全作品を観ている。
リクエストで出た作品は全ツでも観た「スーパーボイジャー」、本日の記事でも触れた「オーシャンズ11」、涙なしには観れない「星逢一夜」、懐かしい「くらわんか」、全ツ「琥珀色の雨にぬれて」、お披露目「ひかりふる路」、「BUND/NEON 上海」、似合っていた「ドンジュアン」、そして・・・いろいろな思いがある「ファントム」。
色々思い出して胸がいっぱいになった。
たぶん権利上無理だったのだろう、出ていなかったが花組では「エリザベート」のルキーニで爆発的にブレークしたことが一番印象的だ。
それまで実力はあるものの何かアピールするものが足りなかった気がしていたし、トップとしての資質が見えているようないないような・・・ともどかしかったが、ルキーニでの巧みさで「いける」と思ったものだ。
そうなると当時は雪組に取られるのが残念だったが、雪にちゃんとはまって素晴らしい相手役にも恵まれた。
こちらの想いよりは太く短いトップ期間になったが、順調なように思えた。
が・・・この試練は・・・なんといっていいか・・・。
作品以外にファンからの「ツボ」についてのコーナーも。
だいもんといえば「高笑い」「あいさつ」「かけ声」だそうだ。
さすが、このあたりはファンにしか分からない。
いずれもなるほどで笑った。特に「あいさつ」は本当に面白い。頭の良さも見える。
もう少しさらならまでに時間があるが、どうかどうか健康で、無事に卒業できることを心から祈っている。
              
おかげさまで4900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する