FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

5000回記念36・礼真琴ロングインタビュー


↑ 春用に買ったよ。

【本日の記事】
ネタばれ注意です。
スカステで星組トップになった礼さんのロングインタビューを観ました。
髪色が個性的で、相変わらずのハスキーボイス。スタジオの花が豪華でした。
お披露目の初日映像、話題のショー最初の眼の映像などが見れました。
また、まだ観ていない「モーツァルト」や紅さん退団公演も楽しみになりました。
「ロミジュリ」をやるんだねー知らなかった。
昨年観た全ツがプレッシャーだったとは・・・。
仕事の多さ、発信の重要性にはくはく。しかし、だんだん慣れていくでしょう。
今はまだ初々しいね。
同期がいるのは幸せですな。そして舞空さんと良いコンビだと思います。
「すべてをささげる」という・・・素敵。
大変な時期のスタートになってしまったけれど、自信を持って長く頑張ってほしいです。

<サロンのブログを更新しました>
「東京五輪企画の延期について」→ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー4990「5000回記念37・美穂圭子サロンコンサート ドラマティック・ローズ!! を観て」
びっくりだが私が宝塚ファンになった頃ぴよぴよの下級生だった美穂さんが30周年記念のディナーショーを開催した。
サブタイトルは「あなたがいたから」・・・周囲やファンへの感謝ということだが、何より歌手として専科メンバーである努力・実力のたまものだろう。おめでとう。
ずいぶんやせたのは気になるけれど。
今度生まれ変わったらタカラジェンヌになるわっちとしては、美穂さんのように歌姫としてずっと専科というのもいいなと思っている。苦笑。
共演は宙組の星月さんと春瀬さん。
なかなか渋い同期だが、特別歌がうまいわけではないところが、うまくヒロインを引き立てたのかも。
稽古場風景、トーク付きで圭子ちゃんがとても楽しそうなのが印象的だ。
演出は藤井先生。
相変わらずのかわいい声でエトワール曲や薔薇にまつわる歌を披露。
「夢のかけら」「青きドナウの岸辺」初舞台「ディガディガドゥ」、「薔薇はあこがれ」など。
そして、ミュージカルの歌特集はとても良かった。
「ミスサイゴン」「サウンドオブミュージック」「エリザベート」などから、特に「マダムヴォルフのコレクション」は懐かしかった。
また、珍しく娘役が「最後のダンス」を熱唱。さすが。
「私のスクリーン」という歌では3人で芝居も。
MCでは私と今も公流のある森央かずみちゃんの話が出て嬉しかった。
なんと、現役生では最後の旧「宝塚ホテル」でのディナーショーだった。
衣装がどれも素敵だった。
ラストソングは予想どおりの「The Rose」。
ただ・・・わけのわからない日本語訳でちょっと残念。英語で歌おうよ。
アンコール曲は「あかねさす紫の花」と「いのちの歌」-竹内まりやさんが紅白で歌いリバイバルヒットしていて、今悲しいかなこんなことになって聞くからなおさら心にしみた。
圭子ちゃん、いつまでも身体に気をつけて全組で活躍してください。
              
おかげさまで4900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する