FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

新年会2020 その1

IMG_9325.jpgIMG_9327.jpg
IMG_9328.jpgIMG_9329.jpgIMG_9330.jpg
本日からしばらく写真と記事一致です。
先月、親友と雪まつり準備中(雪不足が如実に分かった)の札幌で新年会ランチ・買い物をしました。
待ち合わせの前に、キョードー札幌さんに年会費を支払いに行きました。いつも郵送だったので、直接訪ねたのは初めて。
めっちゃ事務所の規模が小さくてびっくりしました。
事務所内の壁には宝塚のポスターが何枚も貼ってありました。
ランチをしたのは札幌ガーデンパレスの赤坂四川飯店。
親友も私も元大学職員なので、なじみ深いホテルです。
当日なのか、大学入試が行われていました。
受験生が必死なときに楽しく過ごして申し訳ない・・・。(続く)

●ミニエッセー4942「宝塚スペシャルラウンジ を観て3」
「多様性について  高橋英樹さん、高橋愛さん、紫吹淳さんゲストの回」
 この回では、月組を中心に日本物や現代劇、トリッキーなショー「バッディ」異国情緒のあるショー「クレンテープ」などが取り上げられた。
 以前に比べれば、りかさんの世離れ度が薄くなり、ちゃんとしたコメントをしていたので安堵。苦笑。
 月組の「夢現無双」「クルンテープ」はまだ観ていないので、今年スカステを期待しているが、友人が芝居の内容の残念さを語っていたので心配だ。

「大作・海外作品のアレンジ 高橋英樹さん、上原さん、実咲凛音さんゲストの回」
 この回ではとにかく小池先生のインタビュー映像が印象的だった。
 話の内容ではなくて、相変わらず何を言っているのかよく聞き取れない点。
 以前も書いたが、演出を受ける生徒が気の毒になる。
 宝塚風への脚色のポイントはどれも当然のものだった。
 すべては、エリザベートの成功が、小池先生だけではなくほかの演出家のものも含めてそれまでの大作のリバイバル上演や「ファントム」の成功などにつながっていると思うので、小池先生とエリザ初演生徒たちの貢献には脱帽だ―とあらためて感じた。
 実咲さんは本当に現役時代とイメージが変わった。
 おそらくこの回が、今年お正月の宝塚スペシャルでの実咲さん起用とつながっていく・・・という流れなのだろう。
 
 本来なら、近畿地方の方しか観れない番組を見せてもらい感謝だ。
 今度このような番組を作る場合は、もっともっと多彩なファン、OG、現役生徒を起用してさらに焦点を絞るといいのではないかと思
 う。メイキングなどが観たい。

おかげさまで4900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する