FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

貴重な休み

私には、休みと言っても、「実質休み」と「仕事は休みだが観劇の旅のため体は休みじゃない休み」があります。
今日は2週間ぶりの「実質休み」。
いよいよ次は千秋楽シリーズの旅なので、疲れを取らなければと・・・。
ところが、どっこい。ぼけっと過ごすということができない性分だし、やることがいっぱいの私。
次の旅支度やビデオ整理に明け暮れました・・・


●ミニエッセー44「退団後の真琴つばささんのこと1・大切な同期との出会い」
2001年7月に退団後、芸能活動を開始し、今も精力的に活動し続けているマミさん。一時、喉の手術のために入院したりしたが、細い体で元気でいてくれて、うれしい限りだ。
連続して綴る形ではないが、少しずつマミさん追っかけの日々を紹介したい。
まず、マミさんの退団後のファン生活を語る上ではずせない、素晴らしい出会いの話から・・・。
もし、マミさんが芸能活動をするのなら、今度こそファンクラブに入ろうと決めていた。
退団して一芸能人になってしまうと、例えば公演の情報など、一番早くて確実なのは、やっぱり公式ファンクラブだからだ。
そのころ、マミさんファンの友達がいたわけでもなかったので、頼りになる情報源といえば、インターネットだけだった。
寂しさを紛らす気持ちもあって、いろいろなマミさんの個人ファンサイトをのぞいたり、オークションや宝塚ファンサイトで、私がまだ持っていないマミさんの現役時代のグッズなどを買い集める中、相手の方とメールで話をしたりしていた。
ある日、ネットで出会った現役時代にマミさんのファンクラブに入っていたという方に「旧ファンクラブメンバー全員ににマミさんから芸能活動をすると手書きの知らせのコピーが送られて来ました」と教えてもらった。
それで、マミさんに会える日がまた来ることがはっきり分かり、それまですっきりしなかった心が晴れたことを覚えている。
そして、またある日のこと。宝塚グッズの個人売買サイトで、私が前々から観たいと思っていたヤンさんこと元花組トップスター安寿ミラさんのある公演ビデオを安く売り出していた方がいて、譲っていただくことになった。
それが、大切な「同期」との出会いだった。
関東出身だが、結婚後兵庫県に移り住んだという彼女は「私も花組やマミさんの大ファンで、マミさんの新しいファンクラブに9月に入ったばかりです」と言って、入会方法を教えてくれたのだ。
私も11月に入会することができた。
彼女との出会いがなかったら、今こんなにも楽しいマミさんファンライフを送れていなかったことだろう。どんなに感謝しても感謝しきれない。
メールでやりとりするうち、偶然同じ年齢で、お互い人見知りな点やそのほか宝塚への思いで共感できることがたくさんあることが分かり、すっかり「マミ友」になった。
彼女はその年の冬、私が大劇場を訪れた時、まだ小さかったお子さんたちを連れてわざわざ会いに来てくれた。
メールでのやりとりで察した通り、優しく品のある女性で、マミさんと同じように“気遣いの人”だった。すらりと背が高く、2人の女の子のお母さんだけあって落ち着きがあり、同級生なのにお姉さんのようだった。
それ以来、お互いを宝塚式に「同期」と呼び合い、可能な時は一緒に食事したり観劇したりしている。
私は「私の同期」と居ると癒される。彼女は私にないものを持っている人なのだが、その最たるものは、まるで鈴や鳥のように美しい声だ。
通るのだが、低くて変な鼻声である私は、声にコンプレックスを持っている。彼女の声を聞くたびに、こんな素敵な声だったらどんなに良かっただろう、こんな素敵なお母さんがいるお嬢さんたちがうらやましいと思うのである。
感性豊かな私の同期は、私以上に泣き虫でもある。今まで何度か彼女の感動の涙や退団する彼女のひいきのスターへの涙などに遭遇してきたが、その度にこちらまで穏やかで静かで優しい気持ちになれる。
生活環境や立場が全く違うことも、良い刺激になっている。
彼女は、パートの仕事をし、お子さんたちのPTA活動などに奔走しながらの宝塚生活だ。私には未知の世界の興味深い話をいろいろ聞くことができる。
また、彼女の自宅は宝塚市に近いので、いろいろなことで助けてもらっている。
そして、さすがに彼女は私のように幾らでも自由気ままに観劇できるわけではないので、彼女が行けなかったマミさんの公演やイベントのお土産話を私がしたりして、お互いに支え合って楽しんでいる。
宝塚の生徒にとって、同期生との深い絆は一生物だという。
私もヤンさんとマミさんが引き合わせてくれた、かけがえのない同期との関係を一生大切にしたいと思っている。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おかえり~!
ぼけーっとできなくてもリラックスできていればいいでしょう。
来月も毒を出しに行きましょう。
日程決まったらお知らせあれv-219

SAKICO | URL | 2006/09/25 (Mon) 10:35 [編集]


はーい。
お土産、もう少し待ってね~。
田中君、楽天って・・・v-16

わっちさん | URL | 2006/09/25 (Mon) 14:41 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)