FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

久しぶりのタータンと貴重な体験

ケーキ

いきなり、スイーツの写真は、おすすめのチーズケーキです。北海道岩見沢市に本社のある「赤いリボン」(北海道では有名)というケーキ・菓子店の「カマンベールチーズオムレット」。中にチーズクリームとイチゴが入っていて、最高においしいんですよ。
今日は、おさちゃんの入り待ち、「ファントム」昼公演観劇後、夜は初めて渋谷のシアターコクーンで蜷川幸雄さん演出のギリシャ悲劇「オレステス」を観てきました。(でも最後は悲劇ではなかったです)
今年1月のエリザベート10周年ガラコンサート以来久しぶりのタータンさんを観るためだったのですが、貴重な体験になりました。
タータンさんの出番は少ないながら、重要な役どころでナイススタイルでした。
本当に大雨が振る舞台。最前列だったのですが、しぶきが掛かるため、最前列のみビニール製ひざ掛けとタオル付き!!
おもしろい~。しゃっこくて、おもしろかった~。
俳優は皆客席に降り、劇場全体がぬれた状態。
普遍的でタイムリーなテーマでした。
主演・藤原竜也さんの役者魂はただごとではありませんでした。
蛍ちゃんこと中嶋朋子さんもさすがの演技力。発声は唯一舞台向きではなかったものの・・・。
今日の「ファントム」も素晴らしかったです。


●ミニエッセー42「宝塚経済白書2005」
今まで、恐ろしくて、ちゃんと計算したことがなかったが、一体私は年間にどれくらいのお金を「宝塚」という趣味に費やしているのだろう。
お小遣い帳も家計簿もまったくつけていないので、緻密ではないが、手帳を頼りに、概算を出してみた。
結論から先に言おう。
2005年4月~2006年3月までの2005年度は、およそ「2,400,000円」であった。24万円ではない。240万円だ。
予想では、200万円くらいかなと思っていたのだが、概算だけでもはるかに超えていた。
以下に項目別に記すが、これらのほかに、例えば観劇の旅のために買う洋服、靴、バッグ代や外食代、お土産代なども合わせたら、300万に近いくらいかもしれない。
宝塚中毒が完治しないうちは、宝くじでも当たらない限り、仕事を辞められないわけだ。まあ、完治する日は来ないと思うが・・・。
これを見ると、関西・関東圏のファンに比べたら、つくづく、旅費が痛い。
しかし、どうだろう。
もしも私が関西・関東人だったら、きっと関西・関東間は行くだろうし、もっともっと通い詰めて、チケット代に消えていくのだろうから、どこに住んでいようが変わらなかったかもしれない。
後々語るつもりだが、実は私の趣味は、宝塚・ミュージカル観劇以外にもたくさんある。
子供がいないため、給与は家計に組み入れるほかは、すべて自分のために使えるわけだが、あまりにも使いすぎだ。貯金をしなさすぎである。
しかし、人生は明日が分からない。可能なうちに使って楽しむ分には、何も後悔がない。
冗談だが、宝塚歌劇団から表彰されないだろうか。

※2005年度は、大阪6往復、東京13往復、福岡1往復。
 飛行機は、半分くらいがバーゲンフェア、数回が特典航空券による無料での結果。

240万円の内訳

チケット関係費 約75回(OGの公演を含む) 860,000円
ホテル宿泊費 37泊(平均10,000円として) 370,000円
飛行機代(実費に近いはず)        670,000円
公式グッズ・各種書籍・販売DVD、CD 340,000円
ファンクラブ(現役・OG)経費・グッズなど 110,000円
その他雑費(市内交通費・駐車代その他) 
                     50,000円    
 
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

劇場が水びたしになるなんて、凄いですね!
シートをかけながら観劇するなんて、貴重な体験かも(笑)・・・。まるでUSJのアトラクションみたいw(°o°)w
宝塚以外の舞台はあまり観る機会が無いのですが、
こうしてわっちさんの感想などを拝見していると
外の(笑)世界もたまには覗いてみたくなりますね(^_^;
ドラマや映画を観ていても、「この人イイ!」と
思う人って、舞台役者さんがほとんどですし。
今は宝塚を観に行くだけで、予算がいっぱいいっぱいですが、
少し余裕ができたら(いつなのか不明ですが;)
他の舞台も観に行きたいので、その時は
「コレが良いよ!!」
というアドバイスをお願いいたします(^▽^)

しかし、わっちさんのコメント
「人生は明日が分からない」
には、グッときましたー・・・その通りですよね。
でも、私の場合はこの言葉を言い訳にして
また宝塚に薄給を投資してしまいそうで
コワイ(笑)。
本当に、宝塚には、ハートだけでなく財布まで
鷲掴みにされております、ハイm(_ _)m

つき。 | URL | 2006/09/23 (Sat) 21:12 [編集]


さすがの私もあんなに降るとは・・・v-12

たまに別の舞台を観ると
とっても良い刺激になり、その後
宝塚を観るとまた新鮮なんですよ。
ぜひ機会を作って、興味ありそうな
作品や役者さんの舞台をごらんくださいね。

少しおおげさですが、いつ死んでも
悔いのない生き方をしたいんですよね。
それは子供のころから、大病・大怪我で
いつも生死は隣り合わせだと、「エリザ」
じゃないですが、分かっていた気が
するんです。
ただ、こんなに金遣いが荒くなったのには
また別の理由が・・・。
エッセー43の通りなんです。

お互い、資金捻出と「お金のかけどころ」に
工夫して楽しいヅカライフを送りましょうね!!

わっちさん | URL | 2006/09/23 (Sat) 21:39 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)