ヅカノート2017夏より7・サロン用具夢の配役8

↑ 6月に見た虹。

【本日の記事】
71 ジェル用平筆(七海)  先が「まっすぐ」でなにかと便利。
72 ジェル用フレンチ筆(音)  フレンチほか「技あり」アートに最適。
73 ジェル用アート筆(仙名)  極細線などより「細かい技あり」アートに。
74 アクリルスカルプ用筆(紘希) 筆たばが「大きい」のが特徴。
75 3Dアート用筆(純矢)    恩師からプレゼントいただいた物を「今後も大事に」使います。
76 セラミックプッシャー(真那)  ジェルのための「土台づくりに大切」な品。
77 UVライト(月城)  従来からのジェル硬化用。この「光」の照射具合が決め手。
78 LEDライト(希波) ここ数年「主流になりつつあるライト」のタイプ。
79 つけづめ用シール(翼)  つけづめは推奨していませんが万一のために「準備」。
80 ネイルアート用はさみ(聖海)  小さいはさみですがここぞというときに「活躍」。
(続く)


●ミニエッセー4010「ヅカノート2017夏より9(4000回記念2)・For the people を観て」
昨年の花組と轟先生のドラマシティ作品。サブタイトルは「リンカーン 自由を求めた男」。
作・演出は個人的に一目置いている原田諒先生。
このサブタイトルには異論がある。本人が自由を求めたというより、自由を獲得した、勝ち取った男、もしくは極めた男では・・・。まあ、タイトルが人々のためにではあるが、自分のためみたいな軽い感じに取れる。
シンプルなセットであったが、この場合は轟先生の存在感がセットみたいなものだから十分だった。
階段を星条旗にしたりいいアイデア。ショーがないのが寂しい。
この話、これからトップになるという人にふさわしい良い作品だと思う。けれども・・・賞を取っただけあって、轟先生にしかリンカーンはできないのではないかというほどのビジュアルの素晴らしさ。
やっぱりすごい。立っているだけでリンカーンなのだ。たとえ見かけをつくろっても「雰囲気」はほかの生徒には出せない。
ものすごい人生だったと思う。
日本もおろかにも繰り返してきたが、同じ国同士で戦うなんて・・・。
リンカーン、わずか56歳で亡くなったとのこと。暗殺というのが運命とはいえ悲しい。
先生も若手ナンバーワンの柚香さんもあまり歌が得意ではないのが残念。
そこをフォローしたのが仙名さん。演技もうまい。ひょっとして彼女のトップ就任は轟さんも押したのか。
仙名さん演じたメアリーはなんとなく上品なスカーレットだ。
それからボビーはどこかルドルフのようだ。
そして、水美さんはオスカル・・・宝塚ナイズされすぎか。
大人のボビー役だった亜蓮さんはおいしい役だった。
なによりも2番手格だった瀬戸さんの成長がうれしかった。少し上から目線で恐縮だが、ものすごくうまくなった。へたしたら専科へ行ってしまいそう・・・。
とにかく轟先生は世界の中の誰よりもリンカーンが似合う。
                                                          
おかげさまで4000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2017/08/03 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<ヅカノート2017夏より7・サロン用具夢の配役9 | ホーム | ヅカノート2017夏より7・サロン用具夢の配役7>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する