珍しくコンビニコーヒー系ドリンクにはまる

写真と記事一致です。
普段コーヒーは好んでは飲まないのですが、セブンイレブンのキャラメルラテにはまって時々飲んでました。
期間限定らしくもう一部にしかないから残念。通年販売してください。


●ミニエッセー3991「ヅカノート2017夏より4・こうもり を観て」
谷先生の脚色。なんか・・・疲れる演出。 
サブタイトルは「こうもり博士の愉快な復讐劇」。オペレッタ(ちなみにオペラより軽めの歌劇)「こうもり」をアレンジしたもの。
通常のミュージカルにすればよかったのに、オペラ形式を守るのでほとんど歌で進行するが、歌がうまい生徒はいいがだめな生徒のはずっと聞くのがつらい。風ちゃんでぎりぎり。みっちゃんや礼さん、そしてお気に入りの夢妃さんはさすがだ。
それに、終始わちゃわちゃ騒がしくてメリハリがなく、リピートする星組ファンの皆さんは大変だったろう。
1年前の東京公演千秋楽で、アドリブが激しい。紅さんの「谷先生に怒られる」には笑ったが、大阪弁はどうか・・・。
プロローグはこうもりというよりジュディオングさんみたいな衣装のみっちゃんや総踊りなどがありショーのようで華やかで、こりゃあおもしろそうだなと思ったのだが、とにかく皆きーきーうるさい。
しかも、ツッコミどころの多い台本。これは生徒たちはさぞかし大変だったことだろう。
東京の最後となると慣れただろうけれど、楽しかったのだろうか・・・。演じる側は喜劇が最も難しいものだ。
ツッコミといえば、紅さんのヘアースタイルは原作のイメージなのか・・・あまり似合わなかった。
それからふと、生徒は60歳定年だと思っていたが、それを超えているはずの汝鳥さんは世間と同じ65歳までは嘱託ででも残っているということなのだろうか。
今回もまた歌を披露されていた。
主要な役が少なくて気の毒。ほとんどがアンサンブル。真彩さんさえ。
七海さんなど結構なスターなのに出番が少ない。
十輝さんはこれで退団だった。しかし、役的に専科の星条さんがおいしくて目立っていた。何しろ、ロシア人役だけれど、星条さんはハーフだから外国人が本当によく似合う。
ところで、夢の配役を考えていて気付いたが、上級生の大輝さんがいないではないか。もしや役名なしのアンサンブル?・・・あとで調べたら怪我で休演されていたらしい。
生徒は頑張っていたが、楽曲もこれといってぱっとせず作品としては低得点だ。                            
                                 
おかげさまで3900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2017/07/15 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<高島屋さんからお葉書 | ホーム | キャンメイクの話題のアイシャドウ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する