結婚記念日プレ鎌スタユニ等

写真と記事一致です。
主人に結婚記念日のプレゼントとして鎌スタ20年記念ユニフォームとニットキャップをもらいました。
わーい。
ユニは早速今月G戦から着てます。
ニットキャップは秋冬に普段でも使えるかなと。感謝。

<サロンのブログ更新しました>
「素材・パーツ料金表」を掲載→ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー3974「あさひなぐ(舞台ライブビューイング)を観て 2」
PR番組を観た時は主人公の齋藤さんが顔はかわいいがふにゃふにゃしていてどうかな・・・と心配だったが、この物語のキャラクターとしてはぴったりだった。もう少し成長過程で熱血を前面に出してもよかったが、彼女なりに精一杯だったと思う。それにしても、イベントで「3時間やって疲れた」と言うなどやはり子供である。
演技がうまかい子が多く感心した。普段はかわいらしい井上さんが蓮っ葉なヤンキーガールを見事に表現、凛とした先輩を体現した若月さんも、舌足らずながら熱演していた生駒ちゃんのなりきり度も良かったし、滑舌が素晴らしく声優みたいな美声で落ち着いていた衛藤さん、葛藤をうまく見せていた北野さんも良い女優ぶり。
最も感心したのは、相手高校の孤高のエースを演じた堀さんの演技。最初から孤独なオーラをまとっていてやられた。
お嬢様キャラ担当の新内さんは見た目とともにもう少し色濃さを出したら完璧だろう。
一般の俳優さんたちは申し分なし。特に、うざい小林先生こと石井さんはだんだんと観客の心をつかんでいた。
マミさんの後輩役が宝塚OGというしゃれた配役。演技はうまいが、ビジュアル的にはほかにもっと適役がいたと思う。則松さん、娘役だったのになんとなく全体が大きいのが気になった。
男子高校生役の二人も完全な脇役だが、ちゃんとそれらしく見えた。
今回も!最も男らしくかっこよかった真琴さん・・・坊主頭・尼僧が似合いすぎる。なんなんだろう。
知らない人はあの低音は怖かったか・・・とにかく役にぴったり。なぎなたのひとり殺陣みたいなを披露するが、そりゃあもうばっちり決まって場を締めていた。
マミさんの弟子の一休さんみたいな郁林さん役の白勢さんもかわいらしかった。
なのに、乃木坂の子たちは、この東京千秋楽前日では自分たちのことに精一杯でほかの出演者やスタッフへの感謝を口にするでもなく・・・そういうところは、普段から舞台専門人ではないからな・・・と感じた。
舞台作品は総合芸術であり、観客も含めて皆でやっとひとつなのである。
それにしても難しいだろうなぎなたをよく稽古してここまで来たものである。拍手を送りたい。
映画は舞台キャストとは全く別の乃木坂の子たちがもう撮影を終えていて、ダイジェスト映像が流れた。映画の主要メンバーが登場。なんとなく知っていたのは、白石麻衣さんのみ。そして、チア☆ダンのぽっちゃり女子を演じた富田さんも出るようだ。
愕然としたのが舞台でイケメンだった気になる彼役が映画ではお世辞にもかっこよいとはいえない男の子だったこと。うーむ・・・。
個人的にはマミさんも含めて舞台版のキャストの方が素敵に思えた。

おかげさまで3900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2017/06/28 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<懸賞生活・エスプリークCCスプレー | ホーム | マミさんプレバト水彩画1位、俳句2位>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する