今年度も掲載果たす
DSC06680_201704221817117a5.jpgDSC06681_20170422181712750.jpg
写真と記事一致です。
既に先月サロンのブログで掲載させていただきましたが、『ネイルMAX』誌ネイルアートコンテスト、今年度最初の号(2017年6月号)に入選しました(全国33作品)。
テーマは大好きな「水族館」。昨年秋にアクアパーク品川に行ったのが良かったのかも・・・。
次回は全く自信がないので・・・その次?頑張ります。

<サロンのブログ更新しました>
「臨時休業(6/1)と臨時営業のお知らせ等」を掲載→ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー3943「映画 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア) を観て」
いまやっている版ではなく、昨年の映画である。
アマミーこと天海さんが声のゲスト出演をしているというし、推理ものは嫌いじゃないので昨年機会があれば映画館で観たかったが行けず、先月テレビで放送されたので録画して観た。
コナンは普段のシリーズを何度かテレビで観たことがあるが、そもそもなんで工藤君がコナンに、宮野さんが灰原になったのか詳しく知らないので、ある程度ネットで予習してから観た。
それでなんとか助かった。
それじゃないと次々と出てくる登場人物の相関が分からなかった。

ここからはネタばれになる。
ストーリーはたいしたことはなかったがスピード感が良かった。眠くならない。
アマミーは本来だみ声なのだが、この映画ではしっとりした少し色気があるわけあり女性を抑えたトーンで話してほんとにアマミーなのかと思ったほど。なかなかうまかった。
アクションもできる女性というイメージがぴったりだった。
偶然、今日の記事とかぶるが大好きな水族館や観覧車が出てくる。なんとなくうれしかった。
アマミーが演じたキュラソーは最後に実に悲しい死を迎える。ファンとしては切ない限りだったが、やはり超おいしい。
このアニメのおもしろいところは、一部役名が声優さんの名前と一致していたり、有名人からパクったり、ふざけているところ。
そして、謎の組織の解明がされないのでにくいがこれからどうなるのだろう・・・という期待の持たせ方がうまい。
いつもはよく出てくる毛利小五郎や蘭があまり出てこないのは残念だった。
テレビではなぜか眠りつつ小五郎がしゃべっているようにコナンがこわいろを使うのが華麗なるワンパターンで、またそうなるのかと思いきやなかった。
コナンといえば、「太陽にほえろ」の主題歌をアレンジしたBGMは好きだ。

ところで、今年の映画版のほうが実におもしろそうではないか。なにしろ大好きな百人一首がでてくる。
これも観たい。

おかげさまで3900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2017/05/28 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<美女と野獣アニメ再び | ホーム | 懸賞生活・トライメッツ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する