雪組退団発表・鳳翔さんら

↑ 色がどぎつくてどうかと思いましたがおいしかったです。

【本日の記事】
えーーー、将来は専科で活躍するとばかり思っていた香綾さんをはじめ、主力の鳳翔さん、中堅娘役の上級生桃花さん、スター娘役の星乃さん、まだまだこれからの蒼井さん・・・いずれも残念と思った雪組の退団発表でした。
寂しくなるね・・・。
雪組はなんとなく戦力不足に感じます。


●ミニエッセー3900「ヅカノート2017春より5・グランドホテル を観て 1」
♪べーるべっとの椅子に・・・
音楽を聞いただけで涙がにじみ、胸がいっぱいになった再演の『グランドホテル』―新生月組のお披露目公演だ。
初演は大好きだった涼風さんの退団公演であり、主人とムラの1列目で観た思い出がある。

まずは珠城さんトップ就任おめでとう。
オットーが主役じゃないバージョン、果たしてどうなるのだろうと期待と不安で観始めたが、全く問題なし。
こちらの版もとても良かった。
皆それぞれに悲しい結末だけれど、良い意味でのあきらめだったり、幻だったり、はかない夢だったり、それなりに救いがある。
なにしろ、宝塚版は本当はこうなっていたはず・・・というゆめまぼろしシーンを本当に見せてくれるのでいい。
これを観た日の昼間、昨日までのミニエッセーのように向かいの劇場で初演の主役だった涼風さんを生で観たのもなにかの縁だろう。縁というか・・・運命というか・・・。
全体的にもちろん今回の主役である男爵の出番が増えたし、ちょっと演出は違っていたが、大きな違いはなかった。
PUCKのときにがっかりした曲の変更もなかった。

基本的にホテルという非日常空間が大好きだ。
個室という空間では自由があり、ロビーやレストランでは公的ルールがある。そのコントラスト、絶妙な緊張感がいい。
この作品の舞台は1920~30年代のベルリンであり、現代の高級ホテルとは違うがシックでレトロでおしゃれで少し暗い雰囲気が良い。
大ホテルでは実際に多くの人生が交錯する。
食事の客、1泊の客、数日いる客、数週間・数ヶ月の客、お金持ちだと見栄を張った人、用事でしかたなく来ている人、どきどきしながら来ている人、横柄に居る人、一人で来た人、家族、恋人づれの人、そしてスタッフたち・・・。
そのスタッフもいろいろな種類の仕事がある。
それぞれのドラマが展開する演劇、舞台の形式を「グランドホテル形式」と呼ぶのはこの作品が映画として米国でヒットしたことによるものだ。(続く)

おかげさまで3900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2017/04/15 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<朝夏さんの退団発表 | ホーム | ヅカノート2017春より4・フェリシモ色えんぴつカラーイメージ追加>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する