近所のツルハの変わり様に驚き
DSC05710_20170311164403d7f.jpgDSC05711_20170311164405ef6.jpg
写真と記事一致です。
2月にリニューアルの近所のツルハに初めて行ったときは、まあ驚きました。
半分が食品コーナーに・・・。
今までもカップラーメンやおやつ、飲み物は少しありましたが、冷凍食品、アイス、練り物、納豆、パン、お酒各種、缶詰、調味料なども豊富で生肉・生魚・野菜(もやしは売ってる)以外はなんでも安く売ってるではありませんか。
しかも楽天ポイントもたまるし使える。
休憩コーナーでは50円でドリンクが飲めます。水、お湯、レンジは無料で買ったカップラーメンなどそこで食べられます。
すぐそばに卸売りスーパーがあるけど、余計な心配ですが売れ行きが落ちるのでは・・・。
というわけで、いつも混んでいて駐車場もいっぱいでレジも少ないから大変です。


●ミニエッセー3895「モアナと伝説の海 を観て」
ネタばれに注意されたい。
ヒロインは村長(むらおさ)の娘だが華やかなプリンセスではないのが親しみやすい。
だがみんな誰しも自分の人生という舞台ではプリンス、プリンセスである。
モアナ海とアナ雪・・・勇気を持ち、自分の役目を果たそうと奮闘するのは共通だ。

映像美がすごい。海や髪の毛の質感はアニメの領域を越えて実写のようだった。
古き良き時代の南の離島の雰囲気、自然の壮大さ、怖さ、気高さ、生きる喜びが伝わり、民族への憧れや尊敬を抱かせる。
モアナの好奇心と勇気、たくましさは気持ちいい。
両親は過去の体験と心配でネガティブ思考だが、海が味方であり、祖母という理解者が彼女の本質を見抜いているという救いがあり、優しさがあり、観客は最初から不安がない。
祖母が宣言どおりに死んでもエイの化身となって愛する孫を守り導く様は神秘的で感動的だ。
不思議な存在であるマウイはプリンセスものの皇子的役割になるのかと思いきや全く違い、ヒロインとは兄妹、友達・・・いや「同志」の関係で、友情の絆が生まれる。よって、安心して小さい子供も観られる。
マウイの動くタトゥーの表現、アイデアはすごい。あれは本人に抵抗したりするが結局は本人の心の中・・・つまりもうひとりの素直な自分なのだ。と解釈した。
ほぼモアナ&マウイVS女神ティフティの物語とも言えるが、アクセントとして愛嬌のあるアホな鶏が海上の旅に同行して時々活躍する。地上のペットは長生きのミニ豚で、出番は少ないがかわいい。
お父さんのビジュアルは五郎丸選手のよう・・・笑い。

と、良いところもあるが、ピリッとしたものがない。
そもそもストーリーの芯である伝説というのがあくまでも「伝説」というくらいだからどうしても現実離れ。
当時は火山噴火、マグマの流出、動植物の不作(ききん)など自然災害を「心を盗られた女神の仕業」と考えるは当たり前だったろうけれど・・・。自然軽視はよくないというテーマは「もののけ姫」だ。
音楽もどこかで聞いたようなものがほとんど。みんなで一緒に歌いましょうという手法はアナ雪が当たったので二番煎じか。
ストーリーの起伏がゆるい。海の存在が壮大すぎてほかの登場人物をこれ以上料理しようがなかったか。

期待しすぎたのか物足りない中、吹き替えの皆さんは健闘していた。
モアナはぴったりの新人・屋比久さんがフレッシュで、ルキーニこと尾上松也さんはマウイをうまく演じている。声も良くそもそも歌がうまいからミュージカルはお手のものだろう。ちなみに尾上さんのお母様は元タカラジェンヌである。
お父さん役もミュージカル畑の安崎さん。蟹のローリーさんはもっと迫力が欲しかった。
最も素晴らしかったのは夏木マリさんのおばあちゃん。少し皮肉で優しくてたくましくて達観していてハンサムウーマン。よくぞこんなにぴったりな方がいたものだ。日本の芸能界は人材の宝庫である。

おかげさまで3800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2017/04/10 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<札ド2017第1弾へ | ホーム | うれしいMagica×天海さん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する