HTBノンフィクション・大谷君

↑ 左はSeriaの「レンジの中で使うおもちがくっつかないトレー」、右はダイソーのフライパンの中で違うものを分けて焼いたりする用の枠。便利やー。

【本日の記事】
先月HTBノンフィクションで大谷君を特集していましたが、相変わらずインタビューの答えがクレバーで真面目でつまらないね(笑い)。
しかし、先発のときは憂鬱になるなんて彼も人間なんだなー。
メジャー行きどうなるのか・・・この感じは必ず終わりがあるトップスターへの思いと全く同じ。
本当に最後と分かれば応援のしかたも変わってくるんだけど・・・うーむ。

<サロンのブログ更新しました>
「装飾素材見本ができました」を掲載→ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー3813「ヅカノート2016冬より9(3000回記念158・159)・新源氏物語(2015花組)、メロディア―熱く美しき旋律― を観て」
田辺聖子先生版の新源氏物語・・・芝居の演出は元々は柴田先生だが、これは大野先生だったらしい。
歌を聞くと剣さん、天海さんらのバージョンが思い出されて懐かしい限りだ。編曲が宇崎竜童さんとは。
このバージョンでの真のヒロインは紫の上だ。
比べてはいけないが、宝塚的という意味では「あさきゆめみし」の方が面白い。テーマの捕らえ方が少しだけ違う。
みりおちゃんは本当に光源氏のビジュアルだが大人になって子供ができてからのたたずまいが若すぎて軽すぎる。風格がないというか・・・。惜しいところはそれだけ。
花乃さんはやせすぎていて和装が似合わない。
柚香さんは努力は見えたけれどもおどろおどろしい六条さんには似合わず残念。
京さんのお父さんが天真さんって・・・笑ってしまった。
鳳さんが既に懐かしく恋しかった。

ショーは全ツ版しか知らなかったが、よく見たらエルドラードあり、どこかで聞いた歌あり、黄色が出てくると月組に思えたりと短所が見えてしまった。
けれども収穫もあり。水美さんの銀橋ソロがあったこと、鳳月さんの女役が素敵だったこと、芝居では格が微妙だったけれど瀬戸さんがショーで別格として立派に活躍していることだ。
瀬戸さんはビジュアル的に庶民的な部分もありよく言えば親しみがわく。
がっかりなのは相変わらず桜咲さんと柚香さんが歌えなすぎなこと。柚香さんは見た目とダンスが最高なだけに惜しい。
それから個人的にやっぱり芹香さんの個性がつかみきれない。

東京千秋楽だったので退団セレモニーも。紫峰さん(ちょっと変わったあいさつだった)ら3人が卒業した。
みりおちゃんはなんだかぬけた・とぼけたところがあって大丈夫かなと思うが、それが彼女らしさだろう。
昨年札幌公演を観た義妹がさかんにショーの海賊的な衣装が最高に良かったと言っていたが、義妹が『ワンピース』にはまっているからか・・・と謎が解けた(苦笑)。

おかげさまで3700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2017/01/18 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<懸賞生活・マーガレット図書カード2016 | ホーム | マミさん絵手紙特待生3級に>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する