宝塚ポスターカレンダー

↑ キリンのペットボトル飲料4本買ったらいただきました。

【本日の記事】
いつのまにか宝塚の各種カレンダーに「ポスターカレンダー」というのが出ているんですね。
そのメンバーの渋さにうなってしまったわっち。玄人好みの生徒たちばかり。すごい。すごいよ・・・。

【モニター品 αPINI28(アルファピニ28) ボタニカルリキッドクレンジング 現品 1回目】
DSC02252_20160917232624c04.jpg
まるでオイルのようですが・・・ぬれていても使えるほとんど植物由来成分(ほのかに本当に自然な植物の香りがします)のいわば美容液でクレンジング可能の優れもの。しかもダブル洗顔不要(そうすると少し前にモニターした同じブランドの洗顔料が減らないですね・・・)。
重ね付けマスカラも割とスムーズに落ちます。しかし、目に少しでも入るとしみますね。
肌に対しての刺激はないので負担はないですが、アイメイクのオフは慎重にしたほうが良さそう。今度、コットンに含ませてのポイントメイクオフをやってみたいと思います。
洗い流しはつけすぎるとちょっと大変かもしれません。私は普段のオイルクレンジングでもさっとティッシュオフしてから洗い流しに入っていますので、そのほうがいいと思います。
なお、ほかのクレンジングのモニターがあるため、それを終えてから本格的に2週間使用予定のため、2回目の報告は来月になります。
shellwomb公式ファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー3690「リオ五輪 6」
最後は女子ゴルフでメダルがほしいところだったが、野村選手が4位と惜しかった。
日本は決勝に関係ないがサッカー男子は開催国でありサッカーの国というイメージのブラジルが金メダルだったのはブラジル国民、関係者にとって最高のドラマチックな締めだったことだろう。
男女ともかつては日本のお家芸だったマラソンが振るわなかったのは残念だった。東京に向けて一番の課題かもしれない。
選手も技も美しくて見入ってしまう新体操団体、日本が決勝に残ったのは良かった。難しい技に挑戦して世界の8位。
それにしても各国ともリボンの演技や華やかな衣装が素敵だった。
解説の田中琴乃さんが細かく解説しすぎて、実況の領域に踏み込んでいて不快だった。放送で会場の音楽がよく聞こえないのは残念だった。
日本のメダル総数は史上最多の41。しかし、実際は1競技で複数参加しているからもっとたくさんのメダルが地球の反対からもたらされたわけだ。

次回開催国・日本も大いにからむ閉会式。
まず、だらだらの選手入場にかかる時間の無駄さよ・・・。最初から入っていればいいのでは。それから称える時間があってもいい。
ショーはとにかくプロジェクションマッピングが素晴らしかった。
日本のショーは、マリオを安倍首相でなく、有名な日本選手がやったほうが良かったのに・・・。知らない人はあのおじさん誰?と思っただろう。
超都会で夜景の美しい東京のイメージ映像は、世界各国から選手や観客が訪れたくなるような良いものだった。
演出にはきゃりーぱみゅぱみゅの音楽をプロデュースする中田氏や椎名林檎さんが関わっていたが、4年後の本番の開会式や閉会式はどうなるのだろう。歌舞伎や宝塚も入ってほしいものだ。
素晴らしかった聖火が消えたというよりあのオブジェが止まったのが寂しかった。

重圧を背負って闘ったすべての選手、関係者に敬意を表したい。
メダルを取れなかった方も、それぞれの努力の日々は金メダル級に違いない。
私も負けないようにしたい。

おかげさまで3600回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2016/09/17 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<札幌ドーム2016第8弾へ | ホーム | 桐生園加さんもご結婚・ご出産>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する