石丸幹二25thオーケストラコンサート②

↑ サーティーワンアイスでマスキングテープをいただきました。

【本日の記事】
「美女と野獣」では似合っていた王子を思い出しました。
「エリザベート」は衣装とメイクがないと幹ちゃんはやはりトートではないなと・・・。
観に行った「GOLD」「レディ・べス」(演奏のみ)は既に懐かしかったです。
「オペラ座・・・」は幹ちゃんはやっぱりラウル役者だと改めて認識。
演奏のみの「アンデルセン」の「ワンダフル・コペンハーゲン」は当時給料のほとんどをつぎこんで何度も観に行ったので感涙。
やはり演奏のみの「壁抜け男」は当たり役だったし・・・。
最も感激したのはディズニー映画「ノートルダムの鐘」の「僕の願い」。映画をままっきぃと2度も観に行ったほど好きな作品で、吹き替えをやったカジモドの心の美しさは51歳になる今も少年で純粋な幹ちゃんにぴったり。
これから観る「スカピン」は、たった1曲だけで涙が出そうで、もう待ちきれない感じ。
アンコールの「マイウェイ」では、途中サックスも吹いてくれました。幹ちゃんのサックス、久しぶりに聞きました。
コンサート中継のあと、割と長めのインタビューとオーケストラをバックにしたレコーディング風景も―本当にWOWOWさんに感謝です。(続く)

<サロンのブログ更新しました>
「社長ネイル(アラビアン風)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー3624「ヅカノート2016春より48・星影の人/ファンシーガイ(2015博多座) を観て」
昨年の雪組博多座作品。柴田先生原作で中村暁先生演出の芝居はサブタイトル「沖田総司 まぼろしの青春」・・・もう何回も観てきた。だから、病気の総司ではなく玉勇さんがかばって死ぬことは分かっている。
ちぎちゃんは実に総司っぽい。そして、みつる=華形さんは土方っぽい。みつるさんの活躍はうれしい。
妃咲さんはどうも日本ものメイクが似合わない・・・地味すぎる。しかし、芝居と歌は最高。
梨花さんのかつら、白髪ではなく金髪・・・笑。
蓮城さんがなかなかいい。退団、本当に残念。
白峰さんが抜擢されていた。いつの世も美人は得である。
沙月さんが頑張って歌っていた。
星乃さんはやはり花組の実妹・春妃さんに似ている。めんこい。
この作品の名台詞・・・人生は長さではなく、どう生きたか・・・本当に中身が大切である。

ショーはちぎさんのオールバックが素敵。マミさんを思い、オールバックフェチのわっちとしては。
歌がうまい蓮城さん。煌羽さんや天月さんらも抜擢感が・・・。月城さんがいないから寂しい限り。
彼女がぐんっと上に来ないとなんとなく次世代の雪組は華不足だ。
鳳翔さんはやはり遠目には凰稀かなめさんだ。
沙月さんはセクシー専科。いいね。
彩風さん・・・どうも女の子感が抜けない。彩凪さんより上の扱いがあるのが不思議。
博多座はセリがいい。
衝撃的な華形さんのエトワール・・・どうした・・・。
客席に望海さんがいるらしく、盛り上がっていた。
    
おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2016/07/13 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<石丸幹二25thオーケストラコンサート③ | ホーム | 石丸幹二25thオーケストラコンサート①>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する