同期たい平師匠頑張れ

↑ ミックコスモさん30周年記念ききららパッケージの白肌美容水。ルトロワでゲット。

【本日の記事】
私と同じ歳の林家たい平師匠。
今年の24時間マラソンランナーとのこと。ぜひ頑張ってください。でも苦戦してるようなので無理しないでねー。


●ミニエッセー3615「ヅカノート2016春より44(3000回記念116)・琥珀色の雨にぬれて(12星全ツ) を観て」
札幌公演があったが行けなかった作品。
え・・・正塚先生演出か・・・。
匠さん時代の花組でおさちゃんの代役などいろいろといわくつきの芝居だ。
どうもこの主人公の設定に似合わないちえちゃん。この主役はおぼっちゃんじゃなきゃならない。だから匠ひびきさんが一番お似合いだった。
ちえちゃんはどう見てもジゴロタイプ。
まさこさんがルイなのもイメージとは違う。いくら全ツでもプロファンはだませない。
この作品の冒頭はどうもツルゲーネフの『初恋』みたいなんだな・・・。
ダンサーである鶴美さんがなぜかジゴロじゃないのもどうか。
メイちゃんこと音波さんが2番手娘役どころのフランソワーズ。とても似合っていた。
お得意なセットが出てくる・・・よく使われるやつ。街角で座るやつといったらこれ。おなじみ。
しかし、この作品の良さは、夢の配役を考えるのが楽しいこと。さすが、作った柴田先生は女心、宝塚ファンごころをよく分かっている。
とにかく色気があるのがいい。正塚オリジナル作品とは違う。
この作品で、男の本性というか昔の自分の恋の真意に気付かされたものだ・・・苦笑。
電車とホテルのくだりは小林一三翁に対するリスペクトが感じられるのはわっちだけか。
ところでフランソワーズちゃんよ、こんなゲスな男はくれてやればいいんだよ。他にいい男はいるって・・・と言いたい。
とにかく歌はムード歌謡なのだがそれがとてもいいのだ。
品格の面でも良い意味でちえちゃん向きではない。
どちらかというと今は明日海さんがいい気がするのだが・・・。
今年の全ツ、琥珀のほうがよかったな・・・ぼそっ。
申し訳ないけれど、シャロンは私にとってみどりちゃんこと大鳥れいさんしか考えられない。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2016/07/04 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<大谷君22歳BD | ホーム | 北海道新幹線ホチキス>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する