ヅカノート2016春33・第94回宝塚愛の翼大賞
DSC06759.jpg
↑ 先月サロンの窓からの桜の借景。

【本日の記事】
第94回宝塚愛の翼大賞(2016年5月4日付)
※敬称略、同一賞内順不同

大賞         十輝
最優秀演技賞   瀬戸   演技賞   紅、天寿
最優秀歌唱賞   真彩   歌唱賞   夢妃、輝月
最優秀ダンス賞  宇月   ダンス賞  愛希、芹香
最優秀特別賞   珠城   特別賞   轟、美弥、柚香、紫藤
最優秀努力賞   真那   努力賞   真風、春海
最優秀新人賞   綺城   新人賞   美桜、舞雛
最優秀スター賞  鳳     スター賞   (十輝)、望海
最優秀男役賞   早霧   男役賞  如月、有瀬、翔我、漣、凰羽、七輝、帆純
最優秀娘役賞   有沙   娘役賞  萌花、真愛、夢羽、咲妃、妃白、真衣、真みや

<サロンのブログ更新しました>
「お客様ネイル(先取りラベンダーカラー)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー3591「ヅカノート2016春より34・Samourai(サムライ)  を観て」
2011年雪組の日本青年館千秋楽。
実在の人物「前田正名」の存在も、実は北海道にゆかりが深いこともこれを観るまで知らなかった。
しかも息子のお嫁さんは元タカラジェンヌ・文屋秀子さんであり、北海道・阿寒の母と呼ばれた人物だったとは・・・。
坂本龍馬の時代にこんな国際的なサムライがいたとは・・・本当にびっくりだった。
なんとなく男版オスカルのようで、非常に魅力的なキャラクター。
日本的に連獅子でスタート。頭ふりが大変そうだ。
主役の音月さんは器用なスターで、なんでもできてしまう印象。
二役やっている生徒は、どこかつながりがある設定で面白かった。
その一人はめっちゃかっこいい緒月さん。坂本龍馬と少尉はその精神が同じであった。
そして、なぜか早くも抜擢の彩風さんは日本人役も外国人役もジャーナリストという共通点。
それから、香綾さん、奏乃さん(執事萌えなのでたまらんっ)、2番手格の早霧さんはいずれもかなりおいしい役で素敵だった。
先月退団し早速女優として活動をスタートした大湖さんがまだ男役で、桂ちゃんに切られる悪役。
懐かしい大澄さんが美しかった。
やっとやっとヒロインが舞羽さん。だけれど結果的に結ばれない恋・・・つらいね。
それにしてもいつの時代もパリ市民のエネルギーには頭が下がる。
思わず「バスティーユに白旗がーーーーっ」と叫んでしまうシーンがあった。
ミニショーがあったが、オープニングが早霧さんと緒月さん・・・これって、ニジンスキーの危ないお二人やん・・・苦笑。
あいさつしたクレバーな桂ちゃんの簡潔なまとまりのある言葉が素晴らしかった。
なお、この公演をもって凛城さんが宙組へ異動となった。
このときは個人的には彼女はスターラインでの異動だと思っていたが、いまややや別格として重厚な役どころに欠かせない実力派の生徒になっている。
それはそれでとてもいいと感じている。       

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
   
スポンサーサイト
【2016/06/10 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<色彩館2016 | ホーム | すごいねカズレーザーさん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する