香川照之さん、爆ぜる
DSC06683.jpg
↑ あまり野菜で作った漬物。やっと塩梅が成功。

<本日の記事>
ハムはそんなに爆ぜないけど・・・怪演役者の香川照之さんのバラエティでの爆ぜっぷりが最高ですね。
とにかく面白い。
さすが、タカラジェンヌの息子!!
東大卒の頭脳は到底及ばないけれど、好きなものに情熱を傾けるオタクぶりはちょっと自分と重なるところがあります。

<サロンのブログ更新しました>
「メイキング(にゃんこきょうだい)4」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー3570「ヅカノート2016春より22(3000回記念103)・TRAFALGAR(トラファルガー) を観て」
2010年の作品。サブタイトルは「ネルソン、その愛と奇跡」。
なぜかずっと観ていなかった。
イギリスの英雄と呼ばれている実在の人物が主人公で人妻との恋も本当らしい。
齋藤吉正先生の作品らしく、ちょっと映画風な映像も。
のちのトップスターが脇をかためる。らんとむさんとみっちゃん。
そして、花組に異動する前の春風さんもいる。
すみ花ちゃんの歌のうまさに感心。ただし、演技は独特の癖がある。
W不倫の話。要するにいま風にいうとゲスシリーズ。だが、望まない結婚をした女性の初恋ともいえよう。
パレルモが出てくる。当然、思い出す春野さん・・・。
そして、右目をやられる・・・って、アンドレか。アンドレは左目だけれど。
「見えていないのか~」・・・ベルばらのパロディかい。
懐かしい花影アリスちゃん・・・。トップになるかなと思っていたが、今は芸能界を引退し、幸せな奥様とか。
もったいない・・・。
ほかにも退団したもったいない有能な生徒がいっぱい。
天羽さん、珠洲さん、風莉さん、蓮水さん、愛花さん、鳳樹さん、琴羽さん、藤咲さん、すみれ乃さん、月映さん、妃宮さん、天輝さんなど。
そして、ラストはトートとエリザ風。
どんな理由であっても戦争は絶対にいけないと思い知る作品だった。

とにかく、ゆうひちゃんのたたずまいがすべて。カリスマ性、男役の色気、美学、宝塚らしさ・・・。技術を超えた魅力。
現役生諸君よ、どうか見習ってほしい。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2016/05/20 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<ヅカノート2016春より23・フェリシモカラーイメージ追加・修正 | ホーム | 愛華さん・こんなところに日本人>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する