懸賞生活・眉マスカラ
DSC06386.jpg
写真と記事一致です。
わーい、KISS MEのHeavy Rotation眉マスカラ!
別の色は以前使ったことがあります。
たしかうちのわんこ社長こと末妹も同じのを愛用してました。
今回プレゼントでいただいたのは03アッシュブラウン。
ちょっと分かりづらいのですが、右だけつけています。髪の色と合っている気がします。
最近太眉が主流ですが、私はどうも似合わない。いつも中細っていう感じかな。
ちなみにアイメイク適当な日ですいません。

<サロンのブログ更新しました>
「メイキング(にゃんこきょうだい)3」を掲載→ネイルセラピーサロンstage
 

●ミニエッセー3568「ヅカノート2016春より19(3000回記念102)・ 近松・恋の道行 を観て」
2012年の青年館、植田景子先生の作品。かなり客席を使っている。
みわっちさんにとても似合う日本物。
まずは悠真さんと天真さんの上級生・下級生「真」コンビ(コンビ役じゃないが・・・)が本当に当時の男性にしか見えない出色さで良い。笑い。
さらに、ヒロインの実咲さんの美しさよ・・・多少かたいけれど、当時の学年でここまでやれたら素晴らしい。
そして、みつるさんもさすがのうまさ。なんだか和製アンドレのようだった。
けれど、歌が・・・とほほ。みわっちさんもそんなにうまくなくて二人のデュエットはちゃんとしたハモリになっていないという悲劇。
桜咲さんもなかなか上手だった。
悪役専科になりつつあるド鬼の瀬戸さんと適度なワルの春風さんが絶妙なちょうどよさ。
これを観たあとに瀬戸さんが主役をやると聞いたけれど、このときのみわっちさんのように納得してこの後退団とか絶対にやめていただきたいものだ。
脇差しを渡したらあかんっとツッコミたくなった。
恋に身をやつす人っていうのはどこか世の中をあきらめているのだと気付く。ここ、ポイントね。
だから、恋のために死んでも悔いがないようだ。当時の話だけれど・・・。この主人公カップルもいろいろと嫌になったのは同情できる。
みつるさんと桜咲さんは比較として心中未遂で助かる。ちょっと肩透かしだった。
人形浄瑠璃を人間でやるというスタイルはなかなかよかった。これは要するにロミジュリの愛と死みたいなもの。
柚香さんと乙羽さん、よくやったぜ。
特に柚香さんは本当に人形のようで感心してしまった。
みわっちさんはトップスターにはなれなかったけれども十二分にやって去っていったのだな。今は奥様でもある。どうか幸せに。
千秋楽のあいさつでは、長は悠真さんで最高に面白かった。
客席に花組全ツメンバーや宙組、城比呂絵さんや愛華さんもいたらしい。すごい!!

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2016/05/18 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<愛華さん・こんなところに日本人 | ホーム | 3000回記念101・ミーマイ前夜祭2016 その3>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する