Fさんのご卒業
DSC06318.jpg
↑ 昨日の続き。シュークリームは母へのお土産。

<本日の記事>
前職の同僚で宝塚ファン仲間であるFさんがこの3月で退職されました。
わっちが総務課時代に縁があって採用に関わったのでもう20年ほどのお付き合いで公私にわたり本当にお世話になりました。
人生の先輩ながらとてもかわいらしくて、大好きな方です。
これからは観劇ざんまい?どうかいつまでもお元気で。
やはり宝塚ファンのお嬢さんとともにまた同じ時に観劇できることを楽しみにしています。


●ミニエッセー3560「ヅカノート2016春より12(3000回記念97) 二人の貴公子 を観て」
7年前のバウホール作品。生演奏がいい。
ぎりぎり次期トップの珠城さんが最も下の学年で出ている。
シェイクスピア・・・面白い作品もないわけではないが基本苦手なので心配だったが、なかなか面白かった。
美しい天野ほたるさんが懐かしかった。
蘭はなちゃんは2番手的役どころ。この当時は声がだめ。この後よくぞエリザベートにまで成長したものだ。
ヒロインのしずくちゃんよりも蘭はなちゃんの役の方が気の毒ながらおいしい。
この当時歌えなかったしずくちゃん、今はエッセンシャルのCMやテレビでご活躍。初どさんこ娘役トップは出るのか・・・。
演技がめっちゃうまい龍さんと見てるだけでうっとりのみりおちゃん。個人的には後者を選ぶが、この貴公子悪いやっちゃ。
みりおちゃん声がかすれていた。不思議なことに歌へたに聞こえる。
恋は人を狂わせる・・・これは普遍のテーマ。人生は舞台・・・ってことで、シェイクスピアお得意の劇中劇あり。
そして、愛と友情。一人の女性を二人の男性が取り合う・・・モテる女はつらいね。
1点ものの背景セットでも今回のパターンはとても効果的だったと思う。
この作品を若いおさ・あさで観たかった。
結局二人とも死ぬんじゃないかと思ったが・・・。十字の意味が深い気がする。
そういえば萬あきらさんお元気か。
芝居のエッセンスをひきずったミニショー、とても良かった。
なんと今はハウステンボスでトップの研さんがこのときの長だった。
このときのあいさつのエピソードから、しずくちゃんとみりおちゃんが同期だと気付いた。
そして、この当時は瀬奈トートのころ。
この二人の貴公子は共にトップスターとなり一足先に今年龍さんが巣立つ。
VISAガールでもあるみりおちゃんには、まだまだいていただきたいものだ。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
【2016/05/10 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<生き抜こう九州 | ホーム | ビッグバンドビートがついに>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する