ぜひ牛展へ
DSC06122_2016040617125752f.jpg
写真と記事一致です。
友人の高田千鶴カメラマン(ブログ)からご案内いただいた「牛展」。1週間後にスタートします。
私は残念ながら行けないので、行ける方はぜひお出掛けください。
くわしくは→牛展公式ホームページ
どうぞよろしくお願いいたします。


●ミニエッセー3556「珠城りょうさんのトップ就任について」
宝塚の5組のトップスターは、もちろん歌劇団が決める。現トップスターが退団すると発表されたら、次の関心事は誰が後を継ぐのかである。「いついつ次期トップスターを発表します」というのがないので、突然発表される。
月組の龍真咲さんが今年の9月で退団―さて次期トップは・・・。
突然といっても、演目やチケット、劇団が非公認ながら関係が深い私設ファンクラブの準備などもあるからだいたいの次期は予想がつく。「おとめ」との兼ね合いから3月下旬くらいかと思っていたが、3月15日に発表があった。
個人的には予想どおりであった。だが、数パーセントはほかの組からの異動による落下傘就任かもと考えていた。
そしてかすかだが、月組の珠城りょうさん以外のスターかも・・・と。
宝塚のスターシステムは残酷であり面白くもある。
公演、プログラム、そのほかの活躍を観察していたら格付けが分かる。だが時には2番手以下があいまいなことも。おおまかなくくりで「2~4番手格」という感じで数人がひしめき合う場合もある。
月組は以前明確に明日海りおさんを準トップスターと打ち出していた。そしてその明日海さんは、蘭寿とむさん退団に伴い花組のトップにすえるべく2番手として2013年に異動し、翌年トップになった。
その準トップがいなくなる前後の月組を観察していたら、劇団が明らかに実力ある若手スターの珠城さんを売り出そうとしているのが見えた。月組には各々他組から来た凪七瑠海さんと美弥るりかさんという個性の異なる同期同士のスターがいる。が、二人より5学年も下の珠城さんの一人の場面が長かったり重要な役がついたり・・・。
2014年には珠城さんがダイキンのCMに出演。CMに出たら必ずトップスターになるというわけではないが、この起用は将来のトップ就任への布石に違いないと感じたものだ。
さらに昨年、今年3~4月全国ツアーの主役に決まった。トップ以外では次期トップスターと決まっている人や明らかな2番手が担うもの。つまりそれが決まったときおおかた、次期トップと分かった形だ。けれども、最近は落下傘就任もあるため正式発表まではどきどきわくわくだった。
珠城さん以外のファンの方は複雑な思いもあると思うが、最近スケールの大きなトップスターが少ない中、彼女の技術はもちろん舞台度胸や魅せ方を見るともっと場数を踏めば懐が大きくスケール感のある包容力タイプのトップになるのではないかという期待が持てる。そして、若いのだから長くやっていただきたい。
これからの月組の2番手以下の体制が気になるところだが、マミさんが卒業した組でもあるので見守っていきたい。
まだ早いけれど、珠城さんトップ就任おめでとうございます。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2016/05/06 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<真の一流アスリート―教育の重要性 | ホーム | 知らんかった星奈優里ちゃんの結婚>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する