甥の転勤
DSC06090_20160325230107f2c.jpg
↑ 先月とんでんで食べたまぐろアボカド丼、おいしかったです。

<本日の記事>
岩見沢でずっと勤めていた甥(兄)―妹Aの長男が今月から少し離れた町に転勤になり、初めて一人暮らしをすることに。
まあ、車ならそんなにかからない距離とはいえ、わっちおばさんとしては寂しくなりました。
今度様子を見に行こうかと思います。
新天地で頑張れ~。

<サロンのブログ更新しました>
「ジェルリムーバー入荷」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 鎌田醤油 だし醤油(200ml&小袋)とサラダ醤油】
DSC06404.jpg
以前もお世話になった鎌田醤油さん。北海道の皆さんは普段あまりなじみがないと思いますが、本社は香川で、支社が帯広のようです。
今回「だし醤油」はノンカロリー砂糖、みりん少々とともにづけだれにして一晩ブリをつけこんで蒸し焼きに。
「サラダ醤油」はドレッシングとのことで、きゅうりのたたき&ツナにかけました。
「だし醤油」は道産子にはおなじみの万能調味料「めんみ」と比べるとだしの風味や甘みはなく、醤油としてはそのままだとかなりしょっぱい印象です。しかし、それだけに好きなようにアレンジ可能ですね。また、たとえばとろろいもやたまごかけご飯などにも少量使うとよさそうです。
わが家では今お弁当生活ではないのですが、機会があれば小分け醤油を活用させていただきます。
「サラダ醤油」は個人的にはもっと酸味がきいていてもいいかなと思いますが、ワインビネガーや柚果汁のほか、野菜エキスなども入っていてわりと多めにかけてもしょっぱすぎず、おいしかったです。
いずれもこのかわいいパックのサイズ、使いやすいです。
鎌田醤油のファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー3542「ヅカノート2016春より2(3000回記念87)・復活 を観て」
トルストイの復活が原作。サブタイトルは「恋が終わり、愛が残った」。そのタイトルのありがち加減は、石田先生の技なり。
裁判がいきなりダンスで表現されていて、思わずらんとむさんで裁判といえば・・・「意義あり!!」と叫びそうになった。
舞台が暗い。ロシアものってそういうイメージがあり、なかなか録画を観れていなかった。
長編をまとめているから仕方ないのかもしれないが、全体的に雑な演出。
しかし、さすがに話は面白くて、トルストイやるね。
なぜ面白いかと言うと罪と愛の追求は普遍のテーマだからだ。
らんとむさんはこのような今は位が高くて固い職業というのがめっちゃ似合う。
らんはなちゃんの落ちぶれ度、その落差がすごすぎて引いた。宝塚のヒロインには珍しくてやりがいがあったことだろう。
壮さん、千秋楽のアドリブの巧みさがさすが。その彼女はあっちゃんこと月野姫花ちゃん。声が懐かしい。
初姫さんやじゅりぴょんにそっくりな煌雅さんが懐かしい。
華形さんがいい。やはり演技がうまい。演技は・・・ね。
実は好きな娘役である実咲さんの二番手時代をよく知らなかったので、今回見れてよかった。
賢くておいしい役。しかし、姫花ちゃんのほうが退団公演だったので目立っていた。
皇帝に直訴・・・黒い瞳みたい。
シベリアまで3、4カ月かかるって・・・どんだけーーーー。雪の世界・・・ありのままの自分・・・アナ雪かい。
「ともしび」・・・・ロシアの歌は哀しい旋律が多い。
結局愛音さん演じる革命家と結ばれるらんはなちゃん・・・その経緯と真意がいまひとつ分かりにくくてもやもやした。
本当は原作を読みたいが・・・。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2016/04/22 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<メイちゃんの執事全部買う | ホーム | 残念だったセンバツとハム開幕>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する