FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

ゴールデン・ステップス

道具
ゆにガーデンでやっている外国人ジャグラー(おじさん)によるジャグリングの道具です。

先月CSで観た羽山先生の振付家30年記念「ゴールデン・ステップス」。
なんてったって花組が出ていないので、寂しかったですが、最も印象的だったのは、とうこちゃんの脚線美です。
それと、あさこさんを観て、おさちゃんがかつて全国ツアー「カクテル」でやったヒートウェーブのオールバックでの場面を懐かしく思い出しました~。


●ミニエッセー355「不思議体験話4」
友人にこんな話を聞いたことがある。
友人のおじさんが、ある病気で入院しており、手術に向かう時、入院中にそのおじさんと仲良くしていた小児病棟に入院中の少年が「あ、おじさんのおでこに白い三角がついている」と口走ったそうだ。もちろん、実際には何もなかったのだが・・・。
果たして、その不吉な言葉は、本当になってしまった。おじさんは残念ながら、手術がうまくいかず亡くなってしまったのだ。
この少年は、仲良くしていたおじさんの病状も死の時も知ろうはずがない。また、そう望むはずもない。もし私が彼のように予知的なことが見えてしまっても、不吉なことは当然口には出さなかったろうが、子供は素直だから、見えてしまったことをそのまま口にした。
それは、本人にはどうすることもできない無意識に備わっている力だから、仕方がないのだ。子供の方が、へたな既成概念がないから、そういう能力が発揮しやすいのかもしれない。
外国には、人体の中を透視して病気を発見できる少女もいる。また、透視能力などによって事件を解決するプロもいる。日本にも、超能力者、霊能力者、陰陽師、透視能力者、スピリチュアルカウンセラーらがたくさんいる。中には、その能力が疑わしい方もいるが、私は本物だと思う方の中で最も下(しも)ヨシ子さんを敬愛している。
最近は、木村藤子さんという特別な能力を持った方も取り上げられており、人間には、なんと計り知れない能力が潜んでいることだろうと感じる。
科学的なことしか信じないと言って、霊能力や不思議な現象といつも対抗ばかりしている某大学教授やタレントもいるが、私は自分や周りに実際に科学では割り切れないことが起きているので「この世は、目に見えることばかりがすべてではない」と思っている。
プロの霊能力者ではないので、霊障かどうか、または霊障がなぜ起きるか的確に判断したり、解決できたりとはいかないが、少なくても、私を頼ってなのか、いろいろな形で出てきてくれる声や姿には、これからも怖がらずに向き合っていきたいし、霊感的なものを生かせる場面では、そうしていきたいと思っている。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

本日、歌劇団から友の会冊子が届きました。
あらすじが随分変わっていました!!
アクションコメディが、「ムード溢れるロマンチック・ミュージカル」にv-238

ちょっと、ホッ (笑)

この世の「目に見えないもの」・・私も信じています。
霊感はまったく無いんですけれど、自分の直感は信じます。
何かに守られてる気がするんですよね・・

Nつん。 | URL | 2007/08/01 (Wed) 23:05 [編集]


お晩でした。

何かって・・・わっち=パパ???
なんちゃって。

ほんと、かなり解説が変わりましたね。

とりあえず、TCA初日だけゲットしました。
また引き続き頑張ります。

台風がしつこいです。
土曜のフライトを変更するか悩んでいます・・・
ねむれねー!!


わっちさん | URL | 2007/08/02 (Thu) 00:49 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)