やっと四季がノートルダムの鐘
DSC05933.jpg
↑ ホワイトデーに甥っ子たちからいただきました。

<本日の記事>
やっとか・・・。海外ではやっていたディズニーミュージカル『ノートルダムの鐘』、劇団四季が上演することになりましたね。
大好きな映画・・・絶対舞台も観たいです。


●ミニエッセー3531「ヅカノート2016新春より30(3000回記念81)・翼ある人々―ブラームスとクララシューマン を観て」
2014年、ドラマシティ公演。
ブラームスといえば子守唄というイメージしかなかった。音は暗さもあるがドラマチックだ。
うん、この作品なかなか面白い。たぶん史実をアレンジしたもの。シューマンやリスト、ワーグナーなど知っている人物が出てくるのもいい。
朝夏さんの巧妙な演技、そして次にトップへあがっていく人にふさわしい作品でもある。
年上の女性への憧れは十分理解できる。
シューマンというイメージと緒月さんがかみ合わないけれど、朝夏さんの先生という雰囲気はあった。
伶美さんははつらつ系が得意かと思ったが、こういうしっとり系もできるのだと安心した。その容姿だけで90%成功といえるが、問題は歌。きっと訓練すればもっとできるだろう。頑張れ。
ベートーヴェンらしき人物の役がおいしい。凛城さんはすっかりひとくせある役専科だ。
この人物、最後までなんとなくトートのようだ・・・苦笑。
愛月さんは元来地味なので、トリッキーな役だと色がついて生きる。それを思うとルキーニもいけるかもしれない。
わっちが好きな澄輝さんは、歌に難ありなのか、もっと使われてほしい。
春瀬さんがこんなに活躍する作品は初めて観た。もっともっとスターになってほしい。
純矢さんの役もとてもおいしい。わっちならクララよりこっちをやりたいものだ。

皆、翼がある。いつ開くか、使うか・・・それとも使わないかだけなのだ。
朝夏さんが飛んだ空は「宙」だった。
ショーもついていて、上田久美子先生に乾杯。
むしょうに『TOP HAT』が観たいきょうこのごろ。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2016/04/11 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<骨があったよ~ | ホーム | 懸賞生活・サントリー 新オールフリー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する