30周年ミックコスモさんから
DSC05922_201603131713390da.jpg
写真と記事一致です。
お世話になっている来月30周年をむかえる化粧品メーカーミックコスモさんからホワイトデーにオリジナルキットカットとステッカーをいただきました。
感激です。
ミックコスモのスキンケア商品はコスパが最高で、おすすめです。メイクアップ製品も出していただきたいです。
ありがとうございました。
なお、うちもいつか好きな写真でオリジナルをつくるこのチョコラボをやってみたいです。


●ミニエッセー3529「ヅカノート2016新春より28・エリザベートスペシャルガラコンサート梅田ドリーム版を観て 4」
「ヘレネ」大月さゆさん・・・ゆみこさんとのコンビを思い出す。今度ガラがあったらゆみこさんも出てほしい。
「ツェップス」美郷真也さん・・・イメージは宙組だろうが、わっちにとってマミさん時代の月の人。

このほか、これまた順不同だが母親役の歌手・絵莉千晶さん、名脇役の風莉じんさん、ふっくらに見えた葛城七穂さん、祐澄しゅんさん、扇めぐむ(現・けい)さん、夏空李光さん、退団が惜しかった元男役の彩星りおんさん、今は母となったという彩海早矢さん、大凪真生さん、ヴィンティッシュの南海まりさん、スターレーの美鳳あやさん、羽咲まなさん、彩橋みゆさんら・・・中にはちょっと名前をフルネームですぐ書けなくなってきた懐かしいOGたちもいるが皆素晴らしいなりきりぶり。
大好きなミルクの場面は、力強い東宝版の方が好きだが、一人も気を抜かず演じ歌っていて録画なのに拍手した。

あまりごちゃごちゃぐだぐだしなかったアンコールもいい。
おさちゃんとみどりちゃんが隣同士に並んでいるだけで胸に迫るものがある。
そして、小池修一郎先生が登場。「トート二人がミセスになって・・・」という言葉に笑ってしまった。それはずんこさんとおさちゃんのことである。
またぜひやっていただきたい。エリザベートはどんなバージョンも何回観ても飽きない。魅力的すぎる舞台である。
ところで、今は「ぷっつん」という言葉はなかなか使わないから、マダム・ヴォルフの歌の歌詞は変えたほうがよいかも。
そして、ふと思ったがシシィが集めていた世界の美女の写真はただ自分と比べていたのではなく、ヘアメイク研究として有効だったのではないだろうか・・・。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2016/04/09 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<懸賞生活・サントリー 新オールフリー | ホーム | 人間得点>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する