城田優さんの演出家デビュー
DSC05787_20160302201447b0b.jpg
↑ これ、バナナ感が全くしなかった・・・。

<本日の記事>
わっちにとってリアルに近いトート閣下こと城田優さんが演出家デビューするんですね。
演目は宝塚でも上演したことがある『アップル・ツリー』。
成功を祈っています。

<サロンのブログ更新しました>
「メイキング(30代お呼ばれ)3」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー3512「ヅカノート2016新春より20・ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット(2014花・中日版)を観て」
谷先生の演出らしいが・・・。これ、観てなかったとは!!
マロングラッセが出て来ないパターン。
みりおちゃんはひたすら美しいけれど、かわいすぎてフェルゼンらしくない。でも、ダンス頑張っていた。
自分で自分を明確に励ます。それが宝塚のヒーロー・・・苦笑。
やはりフェルゼンは「おおひさまーーーーーー」のセリ下がりで拍手・・・じゃなきゃ。
王妃様との不倫・・・今なら「ゲス」と言われてしまいそう。
彼女はなぜか1音目を無駄に伸ばして言う癖があることを発見。本人、気付いてないだろうな・・・。
このあとエリザで退団した蘭ちゃん、歌頑張っていた。きちんと見せ場があり良かった。
やはりトップ娘役が退団するのはアントワネットかシシィ。これ、王道ね。
芹香さんのオスカル・・・前にちらっと観た時からごついオスカルに見えてあまり似合ってないと思った。
2幕の最初にオスカルが男役として祭りの男として登場してる・・・爆。
望海さんがまだ花組時代・・・いまやこっちが違和感。とにかくうまい。うますぎる。
エトワールが仙名さん、ブラボー!
気になる飛龍さんが小公子ほかを頑張っていた。
真彩さんも小公女だが、役不足。
小公女も兼ねていた花乃さんはなかなかロザリーが合っている。
そして、誰なのかよく分からない配役のみつるちゃん、超脇役かと思いきや最後の方でちゃんと見せ場があった。
相変わらず飽きがくるメルシー伯の説得の場面・・・まあ、それがあるにしてもやはりベルばらはどこを切り取っても面白い不朽の名作なことは間違いがない。
早く『カリスタ・・・』も観たい。

おかげさまで3400回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2016/03/23 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<主人に抜かされた数字 | ホーム | マミさん会報に顔出てたし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する