懸賞生活・美ネイル用品
DSC05579_20160205234222faa.jpg
写真と記事一致です。
わーーーーーーーーい!!またネイリスト協会会報誌のプレゼントが当たりました。いいのかな、こんなに何度も・・・。
今回はすごくおしゃれなShprameのセラミックプッシャー(ネイル用品)です。
おしりのところにピンクの大きなストーンが付いていて、それだけでテンションが上がります。
早速サロンで使わせていただきます。ありがとうございます。

【モニター応募用】
ホワイトデーにほしいもの・・・絵本『スノーマンとスノードッグ』。
★緊急企画★ホワイトデーにもぴったりのチョコレートモニター様を7名募集!! ←参加中


●ミニエッセー3487「ヅカノート2016新春より5(3000回記念63)・PHOENIX宝塚!!&凰稀かなめサヨナラショー を観て」
架空の鳥・フェニックス・・・不死鳥・・・しかし、わっちは実際に目撃したことがあるので、フェニックスというとそのことを思い出す。
オールバック姿のかなめちゃん、セクシーで良い。
あらゆるコスプレをして変身するコーナー・・・もう最後だからいろいろやっちゃえという感じで嫌いじゃない。さすが藤井大介先生だ。
大千秋楽なのでいろいろなアドリブでわいていたようだ。初見なので、どこがどう違うか分からないのだが・・・。
ショーがとても長く感じた。
エトワールのメンバーがナイスだった。それにしても実咲さんは歌姫すぎる。
かなめちゃん主演の作品をそんなにたくさん観たことがないので、サヨナラショーでは知らない歌もあった。
お披露目は観たのだが、いまだに銀河英雄伝説が理解できていない私であった。申し訳ない。
かなめちゃんは歌の人ではないので、聞き入るというよりとにかくその美しさに見入るというひととき。
このとき退団だった風羽さんは在団中よく知らなかったため最後にして新鮮だった。
彼女はセレモニーでクールに男役として挨拶していて、その徹底ぶりに好感を持った。
嫌な予感が当たり、わっちの苦手な「明日へのエナジー」が出てしまった・・・。
花束贈呈に来た真波さんが懐かしかった。
かなめちゃんの胸につけた華やかなコサージュがとても印象的だった。
気になったのが挨拶で「宙組6代目・凰稀かなめ・・・」と言ったこと。分かるけれど、6代目のあとにトップと入れないとなんとなく危ない組織かJSBみたいだ。笑い。
客席では当然悲しくて泣いていたファンの方もいるが、舞台のみんなは退団者も異動者も明るくて、あっさりというかさっぱりというか・・・時代なのだろうか、明るいのはいいけれど、なんだか情緒が足りない気がしないでもない。
まあ、かなめちゃんの場合は絶対退団後も芸能活動をするというのが明確だというのもあったかもしれない。
余談だが、退団後ネイルに凝っているのを見てうれしい限りだ。

おかげさまで3400回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2016/02/27 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
<<天海さん×コナン | ホーム | TBSドラマにまとぶん、ゆりちゃん>>
コメント
突然のご連絡失礼致します。
きみきと申します。
英雄伝説のアンテナサイトを運営しているのですが、
貴サイト様を拝見させていただきまして、
是非相互リンクさせていただきたくご連絡差し上げました!
URL: http://goo.gl/jerxjv
お手数をお掛け致しますが、ご検討のほどよろしくお願い致します。
【2016/06/14 01:29】 URL | きみき #-[ 編集]
きみき様

コメントありがとうございました。
全く作品に興味がないので申し訳ありません。
【2016/06/15 00:22】 URL | わっちさん #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する