FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

幹ちゃん×ももクロ

DSC04965.jpg
↑ ブログ投稿しなくてもよかったモニター品・あいびのローション(多分何回目か)の使用前、使用後。

<本日の記事>
NHKのクリスマスの特別音楽番組、幹ちゃんこと石丸幹二さんがももクロと共演してました。
去年の同番組も再放送で初めて観たら、それにも幹ちゃんと森高千里さんという異色の組み合わせ。
両方、頼んでいなかったけれど録画しておいてくれた主人に感謝です。


●ミニエッセー3448「007~スペクター を観て」
ネタばれに注意願いたい。
華麗なるパターン化スパイアクション映画。日本でいうと寅さんシリーズか。ボンドが勝つと分かっていてもドキドキする。ただ、寅さんと違うのは、主人公が数作ごとに替わってしまうこと。
単純に前作「スカイフォール」と比べると、テーマ歌、全体のストーリーは劣る。
オープニングのタコが出てくるイメージ映像はB級なエロさが新鮮ではあった。
タコは本編の小道具のマークに使われている。それなら今回のタイトルは「オクトパス」でよかったのでは?
スペクターとは、幽霊・お化けなどの意味だ。最初に「死者の祭り」が出てきてハロウィンみたいな骸骨の仮装だったりが出てくるが、のちのちそれが何かに直接つながっている感じもない。
今回は派手な街撮り、爆発、カーアクション、ビル崩落シーン、ボンドガールとの恋愛が前面に出ていて観終わったあと「すごく良かった」という気持ちにならなかった。
前作はかたき役がめちゃくちゃインパクトが強く「情」を感じる話だったが、今回のかたき役はあまりにも機械的でつまらない。
ただ、ボンドのダニエル・クレイグやQのベン・ウィショー、Mのレイフ・ファインズなど俳優たちは相変わらずセクシーで素敵だった。
ダニエルは実年齢47歳だ。本来は違うのだろうが、ボンドの年齢はそれくらいに設定されている。彼が好きなわっちとしてはまだまだやっていただきたいが、やっぱりボンドとしては年がいきすぎているか・・・。
かっこいいけれど今回死なずにめでたくカップルとなるレア・セドゥと並ぶと完全に親子である。
ちなみに二人は私としては全然似合わない。もうひとりのボンドガール、ちらっとしか出ないがやはりモニカ・ベルッチとの方がしっくりくる。
それにしてもものすごいアクションをよくぞこなすものだ。絶対かなり怪我しているだろう。
最近女性の人気のベン・ウィショーは、この作品での若くてオタクなQへのなりきり方が素晴らしい。実生活では同性の方と結婚しているのがちょっとショックだ。
なお、スカイフォールの話も出てくるため、続編的な要素がある。どうしてボンドが前任のMの遺言を果たそうとするのか・・・前作を観ていない方はできればそれを観てからスペクターを観ていただきたい。              

おかげさまで3400回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する