ドラマ「相棒」に蘭寿さん?
DSC04683_201511251649176e6.jpg
↑ ままっきぃにリクエストしていただいた誕生日プレゼント。大事に愛用なう。

<本日の記事>
ある日主人が言いました。「ドラマ相棒、右京さんの相棒は女性じゃだめなのかな。らんとむさんとかいいと思うけど。アクションとかかっこいいんじゃない」―うん、いいかも!!マミさんじゃ三の線になっちゃうかもしれないし・・・。


●ミニエッセー3415「劇団四季 アラジン を観て」
実はディズニーアニメの『アラジン』をちゃんと観たことがないため、詳しいストーリーを知らなかった。しかし、劇団四季史上最もチケットがばか売れで評判もものすごく高いのでとても楽しみだった。
以前ドキュメント番組で裏方さんたちの努力やジーニー役のひとり・道口瑞之さんが開幕前に捻挫してしばらく出演できなかった様子を観ていたが、偶然にも当日のジーニー役が道口さんだったので感慨深かった。
タイトルロールであるアラジンが物語の主人公だが、このミュージカルでは真の主役はジーニーといってもいい。彼の客席を巻き込むパフォーマンスが全体を盛り上げる。
ディズニーの名曲をメドレーで歌うところは、ディズニーファンにとってはうれしい限り。
イメージでは魔法のじゅうたんでのはちゃめちゃがメーンなのかと思っていたらアラジンがジャスミン姫と結ばれる過程が本筋で、アラジンと仲間達、そしてランプの精・ジーニーとの「友情」が伏線になっていて、感動的だった。
動物のキャラクターは出て来ない。
そして、長身でいかにも悪い顔でとびっきり声が素敵な悪役ジャファーが素晴らしいスパイスをきかせてくれる。最後はランプに閉じ込められるのがかわいそうなくらいだ。
よく聞くとアラン・メンケンの曲は有名なア・ホール・ニュー・ワールド以外もすべて素敵で四季の歌唱力の相乗効果でうっとりした。
そんなに体格がいいわけではない道口ジーニーだが歌もダンスも演技も素晴らしかった。
アラジンはとても小柄ながん原時也さん。道産子で苦労人である。確かにすばしっこいアラジンはきしゃじゃなきゃだめかも。
ジャスミンは何度か舞台を拝見している岡本瑞恵さん。ビジュアルはあまり姫ではないが・・・もちろん歌唱力は抜群だ。
一緒に観たままっきぃと共に声が良いと絶賛した牧野公昭さんのジャファー。ディズニー映画そのものの雰囲気だった。素顔を拝見したら・・・ジャファーにそっくりでびっくりした。
悪いことをしてはいけない、いつか亡き母にとって自慢の息子に・・・と理解していて、優しい心根の人間らしいアラジンに共感するし、女性として聡明なジャスミンは魅力的。ジーニーの明るさと温かさに癒される。ハッピーエンドが気持ちいい。とにかく楽しくてきっと何度観てもいい作品・・・チケットなかなかないけれど。
なお、最も安い2階の後方だったが、センターブロックで傾斜がありとても観やすかった。

おかげさまで3300回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2015/12/17 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<『グランドホテル』は・・・ | ホーム | 2016宙組エリザ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する