札幌宙組2日目へ
DSC03859_2015101204192927e.jpg
↑ @コスメ×ハウスオブローゼさんにいただいたクレンジングサンプル。旅にうれしいサイズ。

<本日の記事>
本日は宙組全ツ札幌2日目です。久しぶりに札幌2日連続です。


●ミニエッセー3376「スーパーギフト!を観て 3」
さあそして、シメさんより少し前に登場したわれらがマミさん。
歌ったのは『アナザーライフ』と『シナーマン』・・・知らない方のために記すと、両方ともなかなか難しい歌である。
前者は急に転調する部分があったり、伸ばすところのニュアンスがおかしいとしらける。後者は歌というより、ひたすら一音をハミングしたりするところがあったり、アドリブの間で進むようなところがあり・・・私なら選びたくないが、あえて難しいものに挑戦したのがマミさんらしいし、両方とも「ニュアンス」が大事という点では、歌を語るようなシャンソンの雰囲気が出せるマミさんに合っているとも言える。
ファンとにしてみるとそれらの作品『LUNA』『ノバ・ボサ・ノバ』をやっていたころのマミさん自身や自分のことを思い出したりもして感慨深さもあった。
しかし特別なゲストという立場で音程を取るのが苦手なマミさんが音痴にならずに歌えるかという心配が先にきた。
ところが、今回マミさんは2曲とも声量、音程、強弱・・・完璧だったのである。感激した。どれほど練習したのか。
OGとしての意地や風格が出ていて、きっとマミさんのファンじゃないお客様も納得、満足したのではないだろうか。
大きな拍手をいただき、マミさんも達成感がいっぱいというような表情だった。
思えば、誰かがかつてこんなことを言っていた。「歳を重ねるとダンスのキレが衰えたり、演技は渋くはなるだろが年齢的に出来ない役も出てくる。しかし、歌は歳を重ねるほどうまくなることもあり、味も出てくる。だからこれからますます歌を頑張りたい」と。
歌の得意ではないマミさんだが、それでも退団以来様々な活動の中で歌を欠かさずやってきた。今回の2曲も歌い込むほどによりマミさんらしく、いい方向に身体に染み付いた感じだ。
特に『アナザーライフ』は、マミさん主演のオリジナル作品のためだけに作られた名曲である。やはりマミさんが歌ってこそいいとならないと困る。マミさんもよくやった!!わっちは少し涙ぐみ夢中で拍手を送った。

最後のラインナップにもシメさんとマミさんが登場し、ラストは客席とともに『すみれの花咲く頃』を合唱。
席は遠かったものの、満足な舞台だった。

おかげさまで3000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
【2015/11/08 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<京都・泉涌寺音舞台 | ホーム | 札幌宙組1日目へ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する