FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

ひげの明智さん

警察博物館
テアトルのそばにあったのでふと入ってみました。おさ明智お茶会の時に壮さんとのピーポ君話が気になったので・・・。入場は無料でした。刀やピストルの変遷にびびり、殉職警察官のコーナーは遺品もあり、どうにもやるせなかったです。

さて、もうかなり経ちましたが、「宝塚グラフ」7月号、「とことん知りたい!春野寿美礼」の松公のひげをつけたままの明智さんがあまりにも渋くてかっこよくてツボに入り、うっとり~(ホントは受け狙いなのだろうけれど、普通にかっこええ~)
この人が今は光源氏・・・。

「あさき」話ですが、彩音ちゃんは健闘していますね。
こちらも和物の似合うこと・・・。
藤壺と紫の上。どちらも切ない女心をよく表現していると思います。歌はもう一歩ですが、それでもあまり心配しないで聞けました。
紫の上の「法会」のりょう王の舞が最高にかっこよくて惚れ惚れし(まるで男役。みどりちゃんの時もそうだったかもしれませんが)、またふらつく演技がとてもうまくて感心してしまい、おさ源氏に抱かれて死ぬのを思わず許してしまった(あはは)わっちでした。


●ミニエッセー332「Kおばさん一家の武勇伝10・A選手伝説⑤」
今でも旭川の夜の道端でカンガルーを見たと信じている天然のA選手。その一方で常に新しい物に敏感で、私に何かと刺激をくれる人だ。とにかく他人が楽しそうにしていることが好きなのだ。そのためなら、とことんなんでもやる。そして、A選手を大きく包んでくれるのがFさんである。
その夫婦に最近災いが起きた。2人で勤めていた会社が倒産したのである。これまでも経済的に恵まれたことがあまりなかったA選手。どこまでも苦労するようになっているらしい。
「良い社長で、お世話になったから最後まで頑張る」と、残務整理のために遅くまで働き、夫婦が交代でFさんのお母さんの面倒を見ていたようだ。
そして、つい最近転職先が見つかった。しかも2人一緒に採用された。人望ゆえのことだろう。だが、新しい環境なので、無理しないでほしいと思っている
ところで、数々のA選手との思い出の中で、私が大変迷惑を掛け、A選手のというより私の伝説になっていることを綴って、A選手編を締めたい。
私が小学4年の暑い夏だった。北海道空知管内長沼町にKおばさん一家とわが家とで祖母を訪ねて行った折、なかなか行けないから行っておいでと大人たちに勧められ、A選手と私と妹のA子の3人でバスに乗り、札幌見物に出掛けた。長沼町は札幌へのアクセスが良い土地だ。
面倒見が良く、方向感覚に明るい当時中学2年だったA選手に姉妹でくっついて、札幌のデパートなどを見て回り、ラーメンやソフトクリームをさんざん食べてまたバスで帰る時、事件が起こった。
当時よくひどい乗り物酔いをしていた私が、バスの揺れで具合が悪くなり、長沼に着くまでの1時間半、延々と嘔吐し、苦しくて泣いていたのだ。A選手は周りの人たちに謝り、ありったけのティッシュやハンカチをお客さんたちからもらって私の嘔吐物を処理し、涼しくするためにずっと私を扇いでくれた。
「もう、こっちが泣きたかったよ~」と、A選手。その話になると私は今でも恐縮し、シュンとなる。せっかくの楽しかった札幌旅行が最悪の結末になるとは・・・。だから本当は私は、A選手の不思議発言などを笑い飛ばす資格はないのである。
どんな逆境にもめげず、人を喜ばせる達人であるA選手に、私は子供のころから今でもずっと有形・無形の宝物を分けてもらい続けているような気がする。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

わっちさん、こんばんは。おささんへの想いが伝わってきます。切ないけど
熱い想いが。こちらは肌寒くて、そちらの暑さは想像できません。私もそろそろ出掛ける時が近づいてきました。
コンタクトの調子はいかがですか。
お身体に気をつけて、たのしい観劇の旅を!

まーちゃん | URL | 2007/07/09 (Mon) 19:37 [編集]


ようこそ、まーちゃん!!
お待ちしてました。v-221

これからCSで初日のニュースを観ます。
早くまた大阪に飛びたいです。
仕事中もおさ源氏さまが頭から
離れませんでした。
新コンタクトで100%ピントは合いませんが
それでも鮮明に見えて、良かったです。
もう、我慢せずに
泣いてやれ~と思っています。
次の出発は土曜です。
台風もこの愛で吹き飛ばすぞ!!



わっちさん | URL | 2007/07/09 (Mon) 21:51 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)