FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

あさきゆめみし初日と親友との再会

てあとる
5月に初めて行ったル・テアトル銀座。帰りにエレベーターの乗り降りを仕切る係員に感心。

「源氏物語 あさきゆめみしⅡ」が大阪の梅田芸術劇場で始まりました。実は今回10回観る私にとって、今日の初日が最も良席で、心して観ました。
さすがに今日は客席の集中もすごかったです。

泣かないで観ようと思いましたがだめでした。
和風トート・刻の霊(ときのすだま)に導かれ、天に還っていくおさ源氏・・・ファンなら誰もが来る「その日」のことがよぎったことでしょう。

藤壺の死に、おさ源氏は号泣でした。
全体に少し緊張し、声が上ずったりしていましたが、
そこにいたおさ源氏は「夢」そのものでした。

おさちゃんに関しては今夜はそれだけ記します。

作品に関して、細かいところはいろいろ思うことがあります。
これは芝居ではなく、前編通してショーなのだ、立体写真集なのだと私は感じました。初演の時はそうは思わなかったのですが・・・。草野先生はやっぱりショー作家ですね。良くも悪くも・・・。
フィナーレは、通常の公演とは違う形です。明確なパレードもありません。もう一度じっくり観てみなければなんとも感想が書きにくいです。

出待ちをしましたが、とんでもないことが私に起きました。せっかく書いてきたお手紙を北海道の自宅に置いてきてしまったのです。
今朝、新千歳空港で気付き、あわてて北海道の観光絵葉書を買い(とほほ)、初日のお祝いを書きました。
わっちさん、何やってるかなあ。
今日は本州ではたなばた(一部の地域を除いては、北海道ではたなばたは8月7日なので、ピンと来ない)で、FCでイベントがあり、おさちゃんも付き合ってくれました。暑い中長々と待つのはつらかったですが、とっても楽しかったです。

「あさきゆめみしⅡ」に関して、今後ちょっとずつ書いていきます。
なお、明日は昼公演を観て帰りますが、更新は夜遅くなります。

花組梅田公演初日、万歳!!(でも寂しさは隠せません)

開演まで、神戸からわざわざ来てくれた高校時代からの親友と10年ぶりに会い、食事しました。後日、この話も書かせてください。


●ミニエッセー330「Kおばさん一家の武勇伝8・A選手伝説③」
新しい職場で出会い、A選手の恋人となったFさん。A選手よりかなり年上で、その年だからいろいろあった人だが、何度か会って「人となり」を知るうちに、なんともKおばさん一家にふさわしい温かさとユニークさがあり、ちょっと不思議キャラなA選手をかわいいと思ってくれる「大人」だということが分かって、カップルの結婚前から打ち解けることができた。
でも、「大人」というのは、A選手に合わせてくれる包容力だけの話であって、根は甘えん坊で、その年齢では普通しないようないたずらをして喜ぶようなかわいい面もある。
A選手は、父親が生きている間に花嫁姿を見せることができなかった。A選手の父親・Mおじさんは、肝硬変だったのだが、入院していて亡くなったのではなく、11年前に自宅で吐血し、病院に運ばれて輸血などの手当てを受けたが、本当に嘘のように突然帰らぬ人となったからだ。
しかし、そのころはMおじさんは2人のことを認めていたので、きっと安心はしていることと思う。
FさんはMおじさんの葬儀を手伝っていた。二人が交際していることを知らない親戚も多かったことから、そのMおじさんのお通夜の後の身内が集合した席で、も早A選手たちの父代わりとなった私の父によって「結婚前提にお付き合いしている」ことが発表された。
Fさんは、当時旭川に単身赴任していた私の父と年がそんなに変わらなかったが、一応「Tちゃん(私の父の名)おじさん」と呼び、すっかり仲良くなっていたのだ。
そして、2人は落ち着いてから結婚した。披露宴はせず、入籍と古式ゆかしい姿での記念写真だけだった。A選手は照れて「爆笑ネタ」にどうぞとその素晴らしい記念写真を私にも贈ってくれた。売れない演歌歌手同士の結婚みたいな雰囲気でなかなか笑えて「伝説」になった・・・いや、「遅くなった花嫁」と「慣れた感じの花婿」もなかなか風情があった。
その後Kおばさんとそのお2人が、わが家の新築パーティー(と言いたいが、実際は「中古一軒屋購入パーティー」)にきてくれることになった。私と主人は2人には内緒で大段幕を作り、「Fさん・A選手結婚おめでとう」と書き込み、始まるまで隠していた。わが家のパーティーは、実は2人の結婚祝いも兼ねていた。私は造花で枯れないブーケを作り、花嫁にプレゼントした。
2人もKおばさんもとても喜んでくれて、その手作りの幕も大事に持ち帰った。Kおばさんが「お父ちゃん(Mおじさん)もきっと見てるね」と言った時は、涙が出た。(続く)
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)