GSを変えて
DSC01898_2015070519251831d.jpgDSC01900_201507051925197cb.jpg
↑ 後日ミニエッセーで出てくる初いわみざわ公演展望台の時は雨でしたが、2回目のこの時は晴れていて、真ん中の写真は札幌方面で地平線中央に札幌ドームが写っています。ぜひクリックして見てください。

<本日の記事>
夫婦で何十年も通っていたセルフじゃないけどノーサービスタイプのガソリンスタンドが閉店したので、先月から自宅から最も近いところに変えました。
セルフじゃないのでちょっぴり値段が高いんですが、久しぶりに窓拭きや車中用タオル、プレゼントなどサービスを受けたので最初は戸惑いました。
小市民です。笑い。


●ミニエッセー3285「ヅカノート2015夏より⑧(3000回記念45)心中・恋の大和路(2014雪組)を観て 1」
溺愛は人を狂わせる。普遍のテーマ。
今まで瀬戸内さん、剣さん、汐風さん版などを観てきて好きな作品だったので楽しみだった。
退団前の壮さんと愛加さんのドラマシティ公演。
あれ・・・こんなに現代的だっけ?というのが最初の印象。時代やハコが変われば雰囲気も変わる。
新演出なのかちょっと照明が暗めだった。思わず「まさつか先生かっ」と突っ込んでしまった。
最初から最後どうなるか・・・壮絶に心中することが分かっているので落ち着いて観れた。
結果が明確でその過程をじっくり見るというのも不思議といいもんだ。
この作品を見るといまは当たり前に簡単に行われている電子送金がどんなに便利か思い知らされる。
当時はいろいろと大変だったのだろうな。輸送業の発展もすごいものである。
それから、廓の世界って凡人にははかりしれないものすごい世界で、この時代の遊郭の女性に生まれなくてよかったなと・・・。当時はどんなにつらい目にあったかと太夫たちに思いをはせた。
着物でのダンスはゆるくないだろう。
後半の逃げている最中のイメージ場面がなんとなく歯がゆくて眠くなってしまった。
フィナーレがないのは寂しいが全体的には昔より一段と洗練された演出。
演技指導が懐かしい立ともみさんだった。それにしても凍死はいやだ・・・苦笑。

似合わないはずがない壮さん。少し軽い感じがぴったり。それにしても店長さんなのに養子さんだとお金ないんだね・・・。
愛加さん、『若き日の・・・』ではメイクがひどくて心配だったが、今回はとても合っていた。前半はふっくらなのが生きた。しかし、後半はやつれてない・・・苦笑。現在女優として大活躍だが、人のことは言えないが今後も顔太りに注意されたし。
(続く)

おかげさまで3000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
【2015/08/09 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<スキンケアしないデー | ホーム | 物足りない色彩館 2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する