FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

ローソンのマイメロくじ

DSC03959.jpgDSC03965_201502191255267cf.jpgDSC03991.jpg
写真と記事一致です。
ローソンのマイメロ40周年記念くじ、やってみたら1回目は折りたたみミラー、2回目はコスメポーチ、3回目はラウンドバッグ(誕生日にいただいた本格バッグよりふた回りくらい小さくて素材は少し薄い)が当たりました~。


●ミニエッセー3139「もっと泣いてよフラッパー を観て 1」
1年前に渋谷Bunkamura25周年としてシアターコクーンで上演された音楽劇。
宝塚とは関係なくて、幹ちゃんこと石丸幹二さんが出演していたのでWOWOWでの放送を録画。
前後に作・演出・出演の串田和美(かずよし)さんや主演の松たか子さんのインタビューや稽古の風景も。
その説明があったから知ったが、串田さんの代表ヒット作で22年ぶりだったのだとか。今では放送禁止の台詞も多かったが、芸術としてそのまま放送された。
しかも、串田さんが役者もされるとは知らなかった。声が悪く聞き取りにくい役者がいるなと思ったらご本人だった。70歳を超えているわりには元気だったが・・・。

中心となる人物がいそうでいない軽いグランドホテル形式。群像劇と言ってもいいのか。
急に本編とは異なるねずみの世界や概念と思われるあの世の場面が出てきたりして、錯綜。分からなくはないけれども結構苦手なパターン。でも、だんだんとおろかだったり切なかったりの人間模様が愛おしく感じるから不思議だ。
多分松さんが本当にいそうな感じの人物だったから。つまり、あまり色気もなくて華やかな女優という風情じゃないから親しみやすいのだ。でも「アナ雪」で一躍有名になったとおり歌はとてもうまい。
それはずっと前から知っていたがあらためて今回よく分かった。
とはいえ・・・ほかに松さんの舞台って観たことがあっただろうか・・・思い出せない。
この作品では松さんのご主人をはじめ一流のミュージシャンが生演奏しているが、役者たちもミュージシャンと化して楽器を演奏する場面が出てくる。その点、昔からサックスができる幹ちゃんは使えるキャストだ。
楽しそうに吹いていた。
(続く)

おかげさまで3000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する