フシギな役替わり
DSC03673.jpg
↑ マイメロの缶ペンケース欲しさにバレンタイン用のチョコを1月中旬に買って夫婦で食べちゃいました。

<本日の記事>
今度の月組公演の役替わり、若手娘役を競わすため?・・・役の内容が分からないのでなんともいえませんが、とってもフシギな感じ。
人気男役での役替わりじゃないから主目的は別日にも観客動員を・・・というものではないですよね。
わっちが注目してる晴音さんがぐんときたね。


●ミニエッセー3111「スタジオパーク・NAOTOさん を観て」
昨年の9月の放送だったのでかなり経ってしまったが、やっとNHK『スタジオパークからこんにちは』のバイオリニスト・NAOTOさんが出演した回を観た。
放送の月、その数週間後に札幌でのライブを観たが、できればその前に観ていたほうがもっと良かったのに・・・と悔やんだ。
というのも、ライブで演奏していた『HIRUKAZE』というこの番組のテーマ曲をあまり聞いたことがなかったのだが、このゲスト出演の回にスタジオで生演奏していたのだ。
それを観ていたらライブでもっと「あれだ!」と楽しめたのに・・・。
今回うれしかったのは、わっちが大好きな清水ミチコさんがMCだったこと。なんと、NAOTOさんも好きだったとは。いつかコラボしていただきたい。
番組で語られたことはファンとしてはだいたい知っていたことばかりだったが、ブリッジ演奏の詳しいきっかけを知れたこと、ポルノグラフティのコメントがあったことはよかった。
生演奏リクエストでは『勝手にしやがれ』『ワインレッドの心』『チャールダーシュ』の中からdボタンで視聴者がはや弾きを観たくてチャール・・・を選んだが、個人的にはワインレット・・・が聞きたかった。
小さいときの映像や学生時代の写真も貴重だった。スタイルや端正な顔立ちだけは面影があったけれど、もはや金髪でなければNAOTOさんじゃないので不思議な感じだった。
そして、春野さんのコンサートで彼を知ったときのことを思い出して感慨深かった。
音楽や演奏テクニックはもちろんのこと、私がひかれたのは彼の人柄だ。天才肌なのに気取らず謙虚、クレバーなのがすぐ分かったし、自分もそうだけれどどこかオタク気質なのもシンパシーを感じたものだ。若干ナルシストなのもいい。
日々、彼の音楽はいろんな場面で耳にするし、ツイッターで動向は分かっているけれど、動くご本人にはしょっちゅう触れられる機会があるわけではないので、番組に感謝だ。

おかげさまで3000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
【2015/02/16 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<TCA Pressに野口五郎さん | ホーム | 春野さんは8月にクリエ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する