FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

初「赤レンガテラス」・1

DSC02862_20141113010204838.jpgDSC02864.jpg
本日からしばらく写真と記事一致です。
先月ままっきぃと本年8月にオープンした札幌中心部の「赤レンガテラス」を見学してきました。
当初は中にあるレストランでの食事を検討していましたが目新しい店は結構値段が高いので、地下歩行空間(行く前に愛別町などのきのこフェアをやっていて寄り道)から入って、1階のおしゃれなパン屋さんでの買い物と展望ギャラリーなどを見学。食事は別のところで・・・。(明日へ続く)

<サロンのブログ更新しました>
「自分ネイル(誕生石カラー)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 紫根せっけん】
DSC03351.jpg
え、こんなに大きいのにお試しサイズ(400円だそうです)?じゃあ、実際の商品はもっと大きいのかしら。お得~。
いつもお世話になっている自然化粧品研究所さんから、以前このシリーズのトライアルセットをいただいて、今年の旅ではずっと使用していました。その中に小さいこの石けんがあり、大好きな紫だし、洗顔の際優しいあわだちとあわぎれ、低刺激で気に入ってました。
紫根は保湿力が高いんです。そのうえ、自然由来の肌に良い効果が期待できる成分も配合。
ただ、イメージではとても良い香りがしそうですが、ほとんど香りがないのが寂しいですね。せっけんはリラクゼーションアイテムでもあるので、課題はそこかな。自然化粧品研究所ファンサイト参加中


●ミニエッセー3052「モーツァルト!を観て 4」
健康・・・といえば、春の怪人のあと、胃がんの手術、休養をされて復帰したモーツァルトのお父さん・市村正親さんの姿を拝見できて感激した。
大ベテランに対していまさら失礼かもしれないが、感情がこもり、でもやりすぎていなくて枯れた感じの「味」がすごく出ていて良かった。
別の日に観た友人とその話になったとき、互いに「そうそう」と共感したのが、「私たちが以前観たときは市村さんは実生活では独身で父親ではなかったけれど、いまは2児の父親だということが、この役がよりマッチして感動を呼んだのではないか」ということ。
父親の息子に対する気持ちというのは、自分は女性であり娘の立場でしかないので推察するしかないのだが、期待と心配と愛情が入り混じって複雑なものがあるのでは・・・。
ヴォルフガングに対して過保護・過干渉にも見えるが、深い想いは世間の父親と変わらず、思い通りに生きてくれない息子への切なさを吐露する歌は涙もの。
これは同じ製作者のエリザにおけるゾフィーの想いにも通じる。
市村さん、これからもどうか無理せずに!!

そのほか相変わらずキレの良い吉野圭吾さん、嫌味な役が秀逸な道産子・阿知波悟美さんのクオリティーの高さは言うまでもなかった。

そして、春野さんにいく前に、少し後方席だったので細かい表情などは分からなかったのだが、アマデ役の子役・日浦美菜子ちゃんのうまさにも恐れ入った。
(続く)

おかげさまで3000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する