マミさん記念の誕生日
DSC02764.jpg
↑ 夜で暗いのですが、先月下旬初雪かと思って撮ったら「あられ」でした。これは自宅玄関前ですが、道路は真っ白。あられだけで真っ白ってなかなかないので珍しかったです。

<本日の記事>
ご本人、メディアで年齢を明かしているから記念なのであえて・・・本日真琴つばささん―われらがマミさんの50歳のお誕生日です。
おめでとうございます。来年は宝塚初舞台からまる30年。健康でありますように。
1週間後に追いつくから待っててね~。今年は会えなかったけれど、来年はぜひ!!

【モニター品 モンカフェ TOKYOブレンド サンプル2つ】
DSC03059.jpg
私は普段すすんではコーヒーを飲まないのですが、香りは好きです。主人が無類のコーヒー好きなので、たまに相当甘くして(練乳入りが多い)付き合います。今回ちょうど東京から帰ってきたら「TOKYOブレンド」が届いており、夫婦でいただきました。
詳しくはないのですが、香りは少し苦味が強く、飲むと思ったよりすっきりしてマイルドに感じました。おいしかったです。手軽にドリップ式が楽しめるのでこのシリーズは便利ですね。片岡物産 ファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー3028「ヅカノート2014冬より3(3000回記念5)・ブラック・ジャック(2013未涼版)を観て」
サブタイトルは「許されざる者への挽歌」。これはとても深い・・・と勝手に解釈した。医者として正式な免許を持っていないブラック・ジャック(BJ)やアウトローたちに向けた言葉と、もうひとつはかつてはスターラインに乗っていてトップにもなれたかもしれない未涼さん自身に向けているのではないかと・・・。トップに相当するくらいだよ、君はと正塚先生が言っていると作品全体を観て思った。
「はるか群集を・・・」―ヤンさんの声がよみがえる。同じテーマ曲。だが、ほかは全く新しい作品といってもいい。これはこれで面白かった。展開は漫画的だが、なによりも小柄ながらまっつさんが似合っていた。
BJの影はトートダンサーみたいに複数。そしてピノコの影が・・・影、好きだね。(笑)
ピノコが誕生するところっていうのはちょっとグロテスク。大事な役だが中堅の桃花さんでびっくり。
特に前半の説明復唱コーラスは邪魔に感じた。やはり舞台が暗く、衣装はほぼ白黒。お話も「不滅の棘」みたいでつっこみどころは満載。笑いがあったのは救いだった。
彩風さんはシャープさ、男らしさに欠けてちんぴら強盗が似合わない。大湖さんは自然と外国人に見えた。ただし、横顔はいまひとつ。夢乃さんはただただうまい。
とにかく帆風さんがおいしい役。
「へたしたらここらで終わりかも・・・」という台詞が切なかった。山野がBJに言う「・・・誰よりもうまくて一番認められるべき人物・・・ただ、ついてないんだ」って・・・なんか胸に刺さる。正塚先生は生徒へのメッセージを台詞に託すから、ばればれ。
ついていないというか、運命だったのだろう。まっつさんはよくやった。感謝している。
ピノコの名前の意味などがあらためて分かり、原作をちゃんと読んだことはないが、読んでみたいという気持ちになった。
青年館の千秋楽で何度も何度もアンコールが。昼公演には同期の音月さんも来ていたそうだ。
まっつさん、元気ですか?

おかげさまで3000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
【2014/11/25 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<サウンドインS・幹ちゃん | ホーム | ドラフト2014>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する