Huluで

↑ 久しぶりにマックを食べました。アボカドビーフ。

<本日の記事>
ネットなどで映画やオンデマンドが観れるHuluを無料で試しました。
観たことがなかった映画を何本か観ました。西島秀俊さんが好きなので「サヨナライツカ」を観たのですが、個人の感想としてはつまらなすぎて残念でした。

<サロンのブログ更新しました>
「お客様ネイル(ローズマリースペシャル)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


【モニター品 VINTORTE 美容液ミネラルリキッドファンデーション新色サンプル】
DSC00216.jpg
ヴァントルテのミネラルパウダーファンデーションは普段使用しています。ですが、何度かモニターさせてもらっているリキッドタイプは、写真でも分かるようにはじく感じで全然私の肌になじまない、うまく乗らないことは百も承知でしたが、新色「ハイライトベージュ」というのが気になって挑戦しました。
顔に対しては色はとても良かったです。白肌ぎみの方用みたいで、私はものすごく白いわけではないんですが、モデリングやチークで調整しやすかったです。
でも、やっぱりこのリキッドタイプは向かないですね。肌には優しいし乾燥しないし崩れにくいのですが、全然ついてくれないしカバー力がないので、コンシーラーやパウダーを重ねる(それもまたなじまない)のが大変です。VINTORTE(ヴァントルテ)ファンサイト参加中


●ミニエッセー2861「ラブネバーダイ を観て 1」
宝塚OGは出演しているものの、日生劇場で行われたこのミュージカルの主催はTBS、ホリプロ(企画も)、読売新聞社であり、阪急・宝塚系列の東宝ではないし、この物語の本編ともいえる『オペラ座の怪人』の劇団四季とも無関係である。ただし脚本・音楽は、かのロイドウェバー卿。
よって、ストーリー自体は続編といっても全く新しい作品であり、音楽も全編新曲なのだろうと思っていた。既に海外では上演されているというが、その詳細は知らなかった。
ところが、幕があくと要所要所でなんと『オペラ座の怪人』の音楽が使用されるではないか。メーンは新曲なのだが、その融合に感動したのであった。

広く知られている四季やロンドン版のオペラ座の怪人では、ラウルを助けるために怪人を選んだクリスティーヌの前から仮面を残してファントムが消えたところで終わる。
映画ではその後クリスティーヌは割と早くに他界し、年老いたラウルは生き残っていて、それでもまだファントムがクリスティーヌのお墓を訪れていることが示唆される。
それを見ると、お墓に「偉大なる歌姫であり母であった」と書かれていたから、ああクリイティーヌはあれから子供を生んで母親になったんだなということまでは理解していた。
今回の舞台はファントムが世間から消えて10年後の話。原作は「マンハッタンの怪人」という小説ともいわれ、ロイドウェバーが特別に加筆を依頼したというから、すべてをロイドウェバーが考えたのではないのだろうが、納得して上演しているのだからロイドウェバーは気に入っているのだろう。(続く)

おかげさまで2800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2014/06/11 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<結婚記念日26th | ホーム | 渡辺祐太さん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する