品格を大事にすべき、華央あみりさん・2

↑ 先月の玄関花。家の前の雪棚で撮影。

<本日の記事>
それでテレビが面白くなればいいやと思ったのでしょうか。そういった演出はタレントさんのキャラクターや立場によってはプラス効果の場合もあるけれど、あなたは夢を売る仕事・宝塚のOGなのです。テレビ局に「おもしろおかしくなんでも正直にしゃべってください」と頼まれたとしても、限度をわきまえるべきです。
毒舌やおもしろい発言で活躍しているOGもいますが、決して人としての、そして元タカラジェンヌとしての品格をなくしているわけではありませんよ。華央さんは宝塚で何を学んだのでしょう。
宝塚が何を大切にしてファンに愛され100年続いてきたのかを今一度考えていただきたいですね。
彼女のファンの方には申し訳ないのですが、ブログを拝見するとぶっちゃけて言うと頭が良くないな、いろいろ勉強して視野を広げないと今後何をしても成功しないんじゃないかなという印象です。
宝塚時代の仲間のことを大切にしているようなので、宝塚愛があると信じたいです。であるならば、不用意な発言は避けるべきです。仲間の方も、公共の場で行動する前によく思慮することの重要性を教えてあげて。
宝塚が未来永劫続いてほしいと願っているファンの思いをどうか忘れないでください。


●ミニエッセー2766「ソチ五輪③モーグルとフィギュア団体」
まだ17歳の角野選手は堂々世界の8位に。初めての競技に名を刻んで立派だった。これからの活躍に期待したい。

クロスカントリーの石田選手も10位と健闘。ハードなせいか若い選手が出てこないのがつらいこの競技。
フィギュア団体は二日目で決勝に残り、ほっとした。真央ちゃんはジャンプで転んでしまったが、個人戦前に厄払いと捉えた。

8日の深夜というか9日の早朝は上村愛子選手。メダルに後少し、また4位だったが、素晴らしい攻めの試合に感動した。世界の4位なのだから、胸を張っていい。長い間本当にお疲れさまでした。でも・・・採点に納得がいかないのはわっちだけだろうか・・・。
9日夕方からは私にとってはテンションが下がる競技がスタート。それは女子アイスホッケー。道産子がほとんどで落ち着いて応援したいが、主人がいたら全然落ち着いて観れないからだ。
大のアイスホッケーファンの主人は、ほかの試合もそうだが、「燃える~」と叫びつつ、ひとりで解説やだめ出しやとにかく1秒たりとも黙っていない。うるさくてしょうがない。なので、アイスホッケーが始まるとわっちはすっと消えて別のことをする(苦笑)。

夜からはいよいよフィギュア団体決勝。プルシェンコ選手のあとに滑った町田選手は初めての大舞台でよく頑張ったと思う。鈴木選手も『オペラ座の怪人』をなんとか演じ切った。この時点でロシアが金メダル確定。日本はメダルの可能性がほぼ消えたが、個人戦へのプレステージだと思えばいい。
それにしてもロシアの男女シングルはホームに後押しされていたとはいえ、すごい完成度だった。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2014/03/08 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<花組副組長に紫峰さん | ホーム | 品格を大事にすべき、華央あみりさん・1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する