たとえ知ってる人でもついて行ってはだめ
DSC08545.jpg
↑ こんなふうに晴れた日にただ見ているだけなら芸術なんだけど・・・。

<本日の記事>
私は子供のころから、両親に繰り返し繰り返しこう言われてきました。
「知らない人にこれあげるからとか、おもしろいものを見せてあげるからとか一緒に行こう、車に乗ろうと言われたり、ひっぱられたりしたときは、絶対やだと言って全速力で思い切り逃げなさい。どんなにやさしく言ってきても、警察だよって言っても従ってはだめ。誰でもいいから近くの人に助けを求めなさい。店でも他人の家でもいいから逃げ込みなさい。たとえ見たことがある人、知っている人でも、親に確認してからと言い、走って家に帰ってきて確かめなさい。学校の行き帰りはいつでも、もし何かあったらここに逃げる・・・とか、考えながら(要するにシュミレーションして)歩きなさい。どこにいても怖いおじさんがいつ出てくるか分からないから、気を付けなさい」。
子供も大人も、家にいても外でも、常に危機意識を持つこと―やっぱり「想像力」が大事ですね。

<サロンのブログ更新しました>
「メイキング(おしゃれじぞう)4」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー2756「若者がテレビを観ない理由②」
もう一つは、西森さんのコラムの冒頭で引用されていたが、博多大吉さんがラジオで「若者向けの番組づくりがされていない。30~40代中心向けのものが多い」と発言したというように、確かに地上波の番組に若者向け、あるいは若者が食いつくようなものが少ないからだろう。
なぜそうなのかわっちなりに考えると、大きな理由のひとつがいまテレビの制作の中心になっている人の多くが30代、40代であり、視聴者層の設定もだいたいその年代を中心にせざるを得ないということがある気がする。その世代に10代にうけるものを作るのは難しいだろうし、60代以上向けもなかなか作りづらいだろう。
だから、若者向けも少ないし、高齢者向けも少ない。しかし、高齢者は最新の諸媒体へは行かないから健康番組やドラマや報道番組に甘んじることが可能だ。若者は、わざわざ興味のないテレビを見なくてもいくらでもほかに楽しいことがある。
このほとんどの世代にフィットしますように・・・と生み出されたのがフジテレビの『ジェネレーション天国』である。10・20代中心、30・40代中心、それ以上と3つの世代のトレンドの差をそれぞれの世代のゲストとともにおもしろおかしくディスカッションし、互いに新鮮な驚きでまとめていく。
でも、それも自分たち以外の世代に興味がある若者にしかはまらないわけだ。
このテレビ離れの若者たちがやがて30代、40代になりテレビに食いついてくれるようになるかといえば、難しいかもしれない。もうほかの楽しいことが存在し、さらにどんどん進化するのだろうし・・・。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2014/02/26 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<今月のミになる図書館・マミさん | ホーム | アトリエ・ダンカンといえば・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する