ソチ五輪まで1カ月
DSC08050.jpg
↑ とにかくこのパッケージにひかれますなぁ。

<本日の記事>
ソチでの冬季オリンピック開催まであと1カ月となりました。わくわく~。
またオリンピックネイルで応援しようと思います。


●ミニエッセー2706「365の愛の言葉(宝塚100周年日めくり)について④」
4月27日『ベルサイユのばら』フェルゼンの「・・・あのベルサイユに咲く紅ばらのように・・・王妃様~」
 何度観てもぐっとくる、フェルゼン編あるいはフェルゼンとマリー・アントワネット編のラストシーン。愛する人が死刑台に向かうのをどうすることもできないとは・・・。ベルばらばかり出てくるが、もちろんベルばらは全部覚えているので、しかたないのである。日向フェルゼンと毬藻王妃様。私がファンになる少し前の作品。

5月21日『あさきゆめみし』源氏の紫の上の死に愕然として「紫の上・・・私をおいていってはならぬ・・・」
 写真は愛華さんだが、春野さんファンにとっては初演も再演も忘れられないこの作品。個人的にはほかの場面でたくさん素晴らしい台詞があると思っている。

5月25日『ベルサイユのばら』オスカルとアンドレ。「この戦闘が終わったら結婚式だ・・・」
 結局結婚式は天国で挙げることになった。朝海オスカルだけが載っているのだけれど、私の春野アンドレを観たことを一生忘れないだろう。

6月5日『ラ エスぺランサ』カルロスとミルバの「今度はパリで」「会えるといいね」「きっと会うよ」
 これだけじゃあなんのこっちゃわからんがな。春野さん、素敵。

6月25日『ベルサイユのばら』フェルゼンの「私の命をかけたおかたを見殺しにはできません」
 助けに来たけれど、結局アントワネットは立派に死ぬことを選ぶ。湖月さんと白羽さんのバージョン。池田先生も観に来た札幌公演がわすれがたい。

7月13日『花の業平』業平の「続けようこの恋を、二人の運命が突きるまで」
 たーたん版もよかった。写真はノルさんと星奈さん。でも・・・不倫はいけません。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2014/01/07 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<またマミさんの直筆に感激! | ホーム | 母の臨死体験・新事実>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する