まつげ美容液完結編
DSC07979.jpg
写真と記事一致です。
2か月にわたりモニターしてきたまつげ美容液、ラピッドラッシュ最後の投稿です。
前回の記事は→こちら
うん、増えたり濃くなったりということはなかったですが、毛に元気が出てビューラーを使わなくても常に上向きで抜けにくくなったかなという感じがします。まだ残っているので、引き続き使おうと思います。
なお、皮膚につかないようにぬる、ぬったあとに目をこすったりしないなどの注意が必要です。

<サロンのブログ更新しました>
「自分ネイル(オール他メーカージェル)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー2681「ベルばら手帖を読んで③」
アントワネットが武井さんとは・・・。
ベルばらに登場するたくさんの個性的なキャラクターは、探せば本当に現代に、自分たちのまわりに似たタイプがいる。ファンならなにげなく「あ、この人はしたたかなジャンヌみたい」などと考えているものだ。
それからこの章では男性キャラのタイプ分けも面白かった。なんといっても理想の男性・アンドレは永遠だ。
そして、どこか宝塚の男役を思わせるかっこいい女性指揮者の西村智実さんが対談に!クラシック界のオスカルと称されていて、なるほどとうなった。彼女も子供のころベルばらを読んでいた。バレエをやっていたことも知った。だから、本当は指揮者台では脚も上げたりしたいそうだ。

第3章『モードなお話』では、当時の豪華絢爛なおしゃれについて分析。美系の作家・島田雅彦さんも扮装してでてきていた。私もロココは嫌いじゃない。
第4章『ベルばら時代の背景をお勉強』は、もちろんフランス革命前の王宮や庶民の生活を研究。
中で印象的だったのが、当時の王宮建築は巨大な舞台装置であったという一文。なるほど!!確かに的を得た言葉である。著者は実際にベルサイユ宮殿に行ってその印象を書いている。
私は今年やはりフランスに行った末妹の話を聞いたり写真や映像を見ての想像でしかないが、確かにあの無駄だらけに見える実用より見た目・飾り・美術を重んじた宮殿全体やそれぞれの部屋は、権力や栄華を象徴するための舞台装置にほかならない。(続く)

おかげさまで2600回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2013/12/13 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<お月さまにだまされた | ホーム | JALマイル、アマゾン券へ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する